記事

中ロ、2度目のミサイル防衛合同演習を来年実施 米韓に対抗

[北京 11日 ロイター] - 中国とロシアは11日、北京で開かれた防衛フォーラムで、2度目のミサイル防衛合同演習を来年実施すると発表した。米国のミサイル防衛システムの韓国配備計画に米韓両国が合意したことを受けた措置。新華社が同日、報じた。詳細は明らかにされていない。

中国軍とロシア軍は5月、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備について米韓両国が協議する中、初めて合同でミサイル防衛演習を行った。

THAADは韓国のゴルフ場に配備される予定。米韓は北朝鮮の脅威に対抗する措置としているが、中ロは同システムの強力なレーダーが自国の安全を損なうと懸念、同システムの配備は朝鮮半島の緊張緩和に役立つものではないと主張している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  5. 5

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  9. 9

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。