記事
  • 2011年08月28日 17:09

菅首相退陣表明についての中国の報道

 一週間ぶりの更新になります。この間何をしていたかというと、久しぶりに中国に行っておりました。そのため、この間日本のニュースを見る機会がなく、たった1週間でいろいろなことがおこったものだと、最近の物事の動く速さを改めて実感させられた次第です。

 そんな中、中国でも放送されたいたのが、菅首相の退陣表明です。これについての中国での見方ですが、ここのところ日本は、1年程度で首相がかわる短命内閣となっていることについて言及しているものが大半です。この観点が如何にも中国的でおもしろく思ったので、これについて少し。

 その原因についてですが、主にねじれ国会(特に参議院)に注目しています(『京報網』「日本首相"短寿"为哪般?」)。実際この記事では「参議院及び参議員議員は首相の解散権の制約を受けず、ある意味でこれが日本政治の”暴走”の大きな要因となっている。」とまで述べております。

 『新浪網』では特集を組んでおり、ここでは以下の4つの観点から、何故日本の首相が短命になってしまうのか分析をしておりました。

 1利益均衡 日本の政治は一種の協商政治で最も能力、権力がある者が首相のなるのではなく、派閥の利益を調整した「産物」に過ぎない。

 2民主制度の俗化 民衆のことを考えず自分のことしか考えない政党。参議院では法案を通さずそのため、衆議院では強硬採決を図るしかない。

 3派閥政治 政官財のトライアングルを結成し、政党どうしの争いだけでなく、政党内の政治的争いも全て国民の目に見えない密室での協議により、決定されてしまう。

 4社会との乖離 政党が提出するものが、現実と乖離しているため、思想的問題も含み、反対・賛成を生む。そうなると特に反対の勢いが強くなる。

 『環球網』では「“换首相连续剧”引人发笑和深思」(”首相が度々かわること”は、笑いを呼ぶと共にいろいろなことを考えさせる)という社説を掲載しておりました。ここでも「7年で6人も首相がかわるということはギネス記録といっても良い」という前書きからはじまります。

 この社説の言いたいことを私の理解したなりのまとめると、以下のとおりです。日本の政治は派閥が乱立している状態で、民主党に政治改革を期待したが結局これまでと大した変わりがない状態で派閥が増えたにすぎなかった。抜本的な改革を行う能力を有する政治家がおらず、小手先の改革は行ってきたが、根本的な改革は行ってこなかった(行えなかった)。

 ここで歴史をもちだし、日本はかつて大きな過ちを犯したが、これについてもしっかり考えてこなかったと付け足すのは如何にも『環球網』です。そして日本は「民主(主義)」の欠点も教えてくれていると、思いっきり嫌みを言っています。こういうのを見ると、如何に普段西側諸国から、中国の政治体制を批判されていること(その裏返しとして「民主主義」が素晴らしいと言われていること)について、結構気にしているかわかります。

 最後にもう1つ如何にも中国だと思ったのが、菅首相があまりに早く退陣しすぎたため、アメリカはもとより、中国にも訪問していないということを重視する記事が結構あったことです(「菅直人下午将宣布辞职 日本下周二决定新首相」や「日本政坛走马灯5年6换相 新首相也难逃“短命”」等)。言われるまで気がつきませんでしたが、如何にも首脳外交を重要視する中国らしい指摘かと思います。

 確かに中国からの指摘されるまでもなく、日本の政治が機能不全を起こしているのは確かかと思います。例えば、小泉首相待望論が未だに根強いように、かなりの者が強い(リーダーシップのある)首相を求めているはずなのに、首相が指導力を発揮できない現状、そして、今の候補者を見てもどうもあまり期待が持てない現実等々。

 実際、リーダーシップという意味では、一党独裁である中国の政策決定の速さに勝るものはないわけで、この観点から批判されると少し違うのではないかと思いますが、他の日本の現状に対する分析はそれなりに正確で、実際どうしたら良いのか頭を抱えたくなります。しかし、同時に願わくば中国も自国の現状について同じようにいろいろ分析して報道してもらいたいものだと思いました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  6. 6

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  7. 7

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。