記事

OPECの影響力回復に逆らうのは「怖いもの知らず」=米投資家

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 石油相場に強気で知られる米著名投資家アンディ・ホール氏は、石油輸出国機構(OPEC)が原油価格に再び影響力を行使し始めているとの認識を示し、これに逆行する投資行動を取るのは「怖いもの知らず」としか言いようがないと述べた。

ロイターは7日、ホール氏が運用しているヘッジファンド、アステンベック・キャピタル・マネジメント(コネティカット州サウスポート)の投資家向け文書を確認した。

この中でホール氏は、OPECが先日2008年以来の減産で合意したため、OPECを無視できなくなったと指摘。

「サウジアラビアは原油相場の回復策として、OPECの残りの加盟国と減産で協調しており、ロシアと協調する可能性も極めて高い」と述べ、長年対立関係にあるイランとも協調路線を取りつつあると付け加えた。

その上で、「こうした要因の組み合わせに逆らって投資するのは怖いもの知らずだ」と明言した。

アステンベックの運用資産残高は25億ドルで、9月の運用成績は原油価格上昇を背景に6%増、年初からの運用成績は約18%増となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。