記事

プレイステーションVR、自宅での利用には最適―製品レビュー

1/2
By GEOFFREY A. FOWLER

 クリスマスはまだ少し先の話だが、今年のプレゼントにティーンがおねだりするのはソニーのバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)ヘッドセット、「プレイステーションVR(PSVR)」で決まりだろう。

 自宅で仮想現実を体験したいのなら、現時点ではPSVRがベストな選択肢だ。加えてPSVRのヘッドセットはゴーグルの部分が点灯して見た目も型破り。装着すれば映画「トロン」の登場人物のようになれる。

 プレイステーション本体はこのネオンのような光を感知してユーザーの頭や手の動きを追跡する。これによってユーザーはゲームの世界により入り込めるようになり、バットマンのように腰のかぎフックを使うことができる。映画を再生すれば、頭を動かすだけで作品の監督になったような気分を味わえる。

プレイステーションVRを楽しむために必要な本体とカメラ
プレイステーションVRを楽しむために必要な本体とカメラ
Photo: Emily Prapuolenis/The Wall Street Journal


 ソニーが作り出したこのVRの世界は、まだ現実そのものとはほど遠い。なにしろユーザーはヘッドセットを装着しなければならないし、背面は長いコードでプレイステーション本体とつなげられた状態だ。しかし筆者は今回PSVRを使いながら、任天堂のWiiでテニスのバーチャル試合をして以来の興奮を覚えた。これまでのゲーム機や「グーグル・カードボード」、そしてサムスン電子の「ギアVR」と比較しても、PSVRはゲームへの没入感を格段に前進させることに成功したと言える。

 それも別にPSVRのテクノロジーがすごいという意味ではない。競合製品として挙げられるグーグルの「オキュラス・リフト」や宏達国際電子(HTC)の「バイブ」は、高性能なパソコンに接続して使うこともあり、より高度なVR体験を提供している。しかしソニーは最新の技術とひきかえに、幅広いオーディエンスにアピールできる機能をPSVRに詰め込んだ。これは賢い選択であり、それによってVR技術は高価なハイテク商品から各家庭で楽しめるものへと変化を遂げたと言える。VR業界にとってはこの進歩は重要だ。

 今回の記事のため、筆者は1週間にわたって同僚のネイサン・オリバレス・ジャイルズ記者とPSVRを利用した。VR技術には今後さまざまな可能性があるとされている中で、PSVRはその用途をエンターテインメントに絞った製品だと感じた。来週PSVRが売り出されるのと同時に使用できるソフトは30本。それに加えて7本ほどのミニ映画なども発売される予定だ。オキュラス・リフトは既に100本のタイトルがそろっているので、やや出遅れ感はある。しかしソニーは長年にわってゲームや大作映画を手掛けてきた経験を生かし、今後さまざまなソフトを提供していくことが予測される。

 ジャイルズ記者も筆者も、PSVRを通して見る映画やパズルなどのミニゲームには感心させられた。ジャイルズ記者はローラーコースターに乗って悪役ピエロを撃っていく「アンティル・ドーン:ラッシュ・オブ・ブラッド(原題)」にだいぶ時間を費やしていた。ゲーマーであるジャイルズ記者がまとめたPSVR向けソフトの批評は、こちらで読んでいただきたい(英語)。

家庭で楽しむためのシステム

 PSVRは家庭で楽しめるために設計された製品だ。必要なのは全世界ですでに4000万台が売れているプレイステーション4の本体。本体がなくても、今なら新品が300ドルから購入できる。プレイステーションカメラなど必要な機械をすでに所有しているユーザーは、PSVRの本体だけを400ドルで購入することも可能だ。

 PSVRの箱を開けプレイステーション本体にコードをつなげれば、15分もかからないうちに準備は終わる。一方、オキュラス・リフトとバイブをセットアップした時は、自分にエンジニアリングの知識が足りないことを実感させられた。あちらはハイエンドのパソコンにつなげるだけでなく、特別なグラフィックカードやドライバーなども必要だ。

モーションコントローラー モーションコントローラー
Photo: Emily Prapuolenis/The Wall Street Journal


 PSVRのセットアップで1番苦労したのは、プレーヤーの動きを追ってくれるカメラをどこに置くかという点だ。ソニーはテレビの上に設置することを推奨しているが、その位置は高すぎても低すぎてもうまくいかない。カメラが窓に向けられている場合も、日光によってシステムがうまく作動しないこともある。

 PSVRはテレビとプレーヤーが座る椅子の間が守備範囲だ。具体的にはテレビ前の横幅1.9メートル、たて幅3メートル程度のエリア内で使用することを想定している。今回ソニーに提供してもらったゲームは座って遊ぶか、立っているとしてもほぼ動かないで楽しめるような内容だった。ちなみにプレーヤーが本体から離れすぎてしまうと、画面にはカメラの範囲内に戻るように促すサインが表示される。

 この限定されたエリア内のみでの利用はPSVRの強みでもあり、弱みでもある。範囲内から出てしまうたびに表示される警告には少しうんざりしたし、ゲームを開発する側としても没入感を演出するに当たってこの制限に苦労させられただろう。

 しかし今回試したゲームにはそれを補うクリエーティブなアイデアに満ちていた。20ドルで購入できる「サンパー」は筆者が特に気に入ったソフトのひとつ。プレーヤーは高速道路のような道を、昆虫のような物体になりきって滑るように移動する。VR技術が何か新しい操作方法を可能にしたというよりも、VR技術によってこれまでのゲームがより迫力を増した、という印象だ。

 PSVRは限られた空間のみで遊べるので、家の模様替えをしなくても使えるのも利点だ。ヘッドセットをつけたままテーブルに激突してけがをすることがないよう、誰かに注意深く見守っていてもらう必要がない。パソコンを起動し家具を避けながら遊ぶ他のシステムとは違い、PSVRは雨の日でも気軽に始めて友人と楽しめる仕様だ。

あわせて読みたい

「PlayStationVR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。