記事

新宮内庁次長は「官邸直送」の見張り番

「FLASH」に「陛下のご意向に抗う安倍総理、 宮内庁『官邸直送』不敬人事」という記事が載っている。

9月23日、安倍政権は宮内庁の風岡典之長官を退任させ、 山本信一郎次長を昇格させた。 宮内庁長官が70歳になっても、例年なら年度末の3月までは 職務を続けるのが普通である。

官邸は、8月8日の「お気持ち表明」の玉音放送を阻止でき なかった風岡長官に報復したのだ。

そして官邸が宮内庁次長に送り込んだのが、西村泰彦・ 内閣危機管理監(61)。 現職の官邸幹部が送り込まれる「官邸直送」は異例中の 異例だという。 さらに警察出身者の起用は22年ぶり。 ようするに官邸は公安警察を宮内庁に送り込んで、 天皇陛下を封じ込めようとしているのだ。

西村泰彦氏は、間もなく始まる「天皇の公務の負担軽減等に 関する有識者会議」の事務局に参加する。 なんで「公務の負担軽減等」などと、天皇陛下の生きがいと された国民との触れ合いを、勝手に軽減させようと考えるの かもわからない。不敬である。 この「有識者会議」も、官邸の意のままにコントロールされ るのだ。

天皇陛下の「公のための主体的な意思」を、徹底的に封じ込め、 奴隷のように扱う安倍晋三の独裁的気質に、国民はまだ 気付いてはいないようだ。

あわせて読みたい

「宮内庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。