記事

天皇を封じ込める官邸

週刊新潮に「『生前退位』スクープを陰から支えた宮内庁幹部が斬られた」という記事が載っている。 

10月1日付の宮内庁人事で、宮家のお世話をする責任者、西ヶ廣渉・宮務主管(66)が退任した。
前任者が10年務めた特別職なのに、わずか2年半で交代、異例のことだという。 

NHKが陛下の「生前退位」の意向をスクープして以来、官邸では「犯人探し」が始まっていて、浮上したのが西ヶ廣氏の名だったらしい。 

「陛下のお気持ちを受け止められた秋篠宮殿下の意を受け、宮務主管がNHKの記者を殿下に引き合わせる役割を担ったと分かりました。」との政府関係者の証言がある。 

官邸はかねてより陛下の「ご意向」を知りながら無視してきた。
だから8月8日の玉音放送に至ったのだ。
それを官邸は腹立たしく思っていて、その憎悪を天皇陛下に向けるわけにもいかず、西ヶ廣渉・宮務主管に詰め腹を切らせたという。 

風岡長官も70歳の誕生日を迎えた途端に退任に追い込まれた。
官邸は宮内庁を徹底的に管理強化して、天皇陛下の「第2のお言葉」を封じる作戦である。
「陛下の主体性を封殺して、一代限りで退位させてしまえ!
新天皇も特措法で即位させりゃいいのだ!」
これが安倍晋三の考えなのだろう。
恐るべき独裁者だ。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  6. 6

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  7. 7

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。