記事

原油価格より、注意すべきは食料品の価格?

Forget About Oil Market,  Food Prices Could Drag U.S. Economy.


原油相場が落ち着きを示し、油田サービスのベーカー・ヒューズが発表する石油リグ稼働数も増加トレンドに入り、エネルギー関連にまつわる不安が後退したように見えます。

そこへ忍び寄ってきたのが、食料品価格問題。バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長が専属特別フェローとして在籍するブルッキングス研究所から、興味深いレポートが発表されました。

実質の食料品価格の上昇が経済にもたらす影響は、原油価格が上昇した場合の約2倍に相当する」。

1963年から2013年のデータを基にゲント大学のジャスミン・デ・ウィン氏とガート・ピアースマン氏が調査したところ、食料品価格が5%上昇した場合は高インフレと経済減速をもたらした。原油先物価格に換算すると、10%の上昇分に相当するといいます。

個人消費に占めるガソリン関連は4%(黄緑)に対し、食品・飲料(赤)は17%。
リンク先を見る
(出所:Brookings Institution

世界景気の減速の直接的な要因ではないものの、1974年をはじめ1982年、1990年代初め、2001年、金融危機においては経済を押し下げる一因を作ったとも指摘。反対に食料品価格が下落した1980年半ば、1997〜2000年、2003〜05年は成長を支えたとの結論も導いています。さらに、米連邦公開市場委員会(FOMC)も原油先物価格より食料品価格の上昇に重点を置いて金融政策を舵取りしてきたとの分析も示しました。

足元の環境は、逆に食料品価格が低迷中であり今すぐ取り組むべき懸念事項でありません。ただ、金融政策を予想する上で、原油先物価格ばかりではなく小麦、大豆、コーンなど食料品価格などにも注意しておきたい。

せっかく原油先物価格が安定してきたものの、足元の食料品価格の下落が全体のインフレを押し下げないとも限りません。台所に影響を与えるだけでなく飼料価格を左右するほか、インフレ見通しを下振れさせれば金融政策にインパクトを与えないとも言い切れないでしょう。

食料品価格の問題は、台所を超える。原油先物価格にばかり気を取られるのではなく、食品関連の商品先物にも注意していくべきでしょう。料理を担当する奥様やパートナーとのコミュニケーションも、トレンドを探る上で有益だったり?

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。