記事

スイスフラン急落、中銀が介入との観測 

[ロンドン 30日 ロイター] - 30日の外国為替市場で、欧州銀行セクターをめぐる懸念から2カ月ぶり高値をつけていたスイスフランが一転して急落した。通貨高を懸念するスイス中銀が為替介入を行なったとの観測が出ている。

ドイツ銀行をめぐる懸念を背景に、ロンドン時間序盤の取引で、ユーロはスイスフランに対し2カ月ぶりの水準となる1.08125フランに下落した。

だがその後0958GMT(日本時間午後6時58分)時点で、1週間ぶり高値となる1.09135フランに急反発。数分程度で0.4%値上がりした。前日比でなお0.3%上昇しているが、他の主要通貨に対しては総じて下落している。

スイス中銀はコメントを控えた。

ラボバンクのシニア為替ストラテジスト、ジェーン・フォレイ氏は「スイス中銀は介入を金融政策手段の1つと考えていることを明確に示しており、フランの上値を抑えるだろう」と話す。

また中東系の投資会社が米国から資金を引き揚げ、スイスフランなど安全資産で流動性の高い通貨に移すとの観測も、スイスフランの押し上げ要因となっていた。米国で2001年9月11日の同時攻撃に関与した外国政府への損害賠償請求を可能にする法案が大統領の拒否権を覆し成立したことで、こうした見方が高まった。

*内容を追加して再送します。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。