記事

『選択の科学』

たぶんちょっと前のベストセラーの選択の科学を読みました.「選択」そのものがもつ強さや力や,弱さや悲しみをいろいろな角度から論じた一般向け科学書で,おもしろかったです.選択の幅・選択肢の数が多ければそれだけでもうれしいものですが,だからといって多ければいつでもよいというわけではないし,自分で選択できることは一般的には望ましいことだけれども,選択が持つ責任の重さが満足や幸福を損なうこともあるとか,興味深い話がもりだくさん.行動経済学っぽい話も多いですが,基本的には心理学の話かなあと思ったり.ま,分野を限定することに意味はないですけど,あんまり一般論に持っていかなさそうなところが経済学とは違うかなあ,と思ったり.一般向けだからですかね.

原題は The Art of Choosing (選択という術)なのですが,Art の訳しにくさを回避して「科学」と持ってきたのは,ええと,どうなんだろうと思ったり思わなかったり.

リンク先を見るシーナ・アイエンガー.櫻井祐子(訳)
選択の科学
価格:¥ 1,700(税込)
発売日:2010-11-12

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。