記事

ロンドン銀行間取引金利の上昇とドイツ銀行救済について

最近、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR=「ライボー」と発音します)がじりじり上昇しています。

リンク先を見る

LIBORは銀行同士が短期の資金を融通し合う際の金利であり、金融機関が相互不信に陥っていないか? のひとつのバロメーターと言えます。

このところドイツ銀行(ティッカーシンボル:DB)の経営危機が伝えられていることもあり、てっきりそれが銀行間の貸借金利の上昇の一因になっていると思う投資家も居るでしょう。しかし事情はもう少し複雑です。

実は10月14日からマネー・マーケット・ファンド(MMF)を巡るルールが変わります。これは金融危機が連鎖することを防ぐことを目的としたルール改変です。具体的には「緊急時にはMMFは解約をストップしていい」ということがルールに盛り込まれます。

これをイメージしやすいように最近の例で示すと英国でEU離脱の国民投票が実施され、離脱派が勝利した際、不動産関連ファンドに解約が殺到し、それらのファンドが相次いで解約請求に応じることをストップする事件がありました。

あれと同じような感じで、MMFに解約が殺到したら、それを拒否できるようになるわけです。

一見すると、これはルールの改善どころか改悪のように見えます。なぜこのような「スピードバンプ」を設けるのでしょうか?

その理由は、これまでは「MMFはいつでも解約でき、流動性が極めて高い」という先入観があったので、余資を100%、MMFで運用することが多く、それが咄嗟のときにMMFへの解約が殺到することを招いてきました。ところが「いつでも解約できるとは限らないんだよ」という釘を刺されれば、余資の100%をMMFに突っ込むのは無謀ということになるわけです。

このようにMMFの魅力が減るとファンドへの資金の流入も若干減り、CD(譲渡性預金)やCP(コマーシャル・ペーパー)を発行することで短期市場から資金を調達することが少しやりにくくなるわけです。

このやりくりが少し難しくなっていることがLIBORの上昇の主な原因です。

ただ、結果としてLIBORが上昇しているということは警告シグナルと取られても仕方ないわけで、今後の動きには注意を払う必要があると思います。

欧州では今後、イタリアやドイツで選挙があるし、英国のEU離脱も「乱暴な離脱」になるリスクが言われ始めています。

先日、メルケル首相が「ドイツ銀は、救済しない」と言ったのは選挙前の政治的配慮に基づく発言で、驚くに値しないと思います。

それでは緊急の際に、ほんとうにドイツはドイツ銀行を救済する必要は無いのか? といえば、当然、救済する羽目に陥ると思います。なぜならドイツ銀行はドイツ産業界に資金を供給する重要なパイプ役を果たしているからです。

ただ、政府によるベイルアウトの必要性を認めるタイミングは、今じゃないということです。

あわせて読みたい

「ドイツ銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。