記事

大統領選の行方に注目、26日にTV討論会=今週の米株市場

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - 26日から始まる週の米国株式市場では、米大統領選の行方に注目が集まりそうだ。26日には早速、民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏による第1回テレビ討論会が開かれる。

米大統領選の市場へのインパクトはこれまでは相対的に小さかったが、世論調査で支持率の差が縮小する中、市場にも今後影響してくる可能性がある。クリントン氏の支持率はかつてトランプ氏をかなり上回っていたが、投票日まで6週間あまりとなった今、その差は縮まりつつある。

市場関係者の一部は、米大統領選が接戦となってきたことを受けて、医療保険や医薬品、工業など一部セクターのボラティリティーが高まると予想している。また、トランプ氏が米大統領に就任した場合、どのような政策を打ち出すのかが不透明なことを警戒する声も聞かれる。

米連邦準備理事会(FRB)が21日、政策金利の据え置きを決定したことを受けて、一部の投資家は、26日からの週の米国株は小幅に上昇するとみている。S&P総合500種指数は今年現時点までに6%上昇しており、8月につけた過去最高値から1%程度低い水準にある。

ラーデンブルク・テールマン・アセット・マネジメントのフィル・ブラカトー最高経営責任者(CEO)は「討論会でトランプ氏が圧倒的な優位に立つなどの材料がない限り、26日からの週はS&P500が上値を切り上げる展開になるのではないか」と指摘。「市場は『未知数の』トランプ氏より『既知の』クリントン氏を好んでいる」と話した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。