記事

現状に不満があるならみんなやめちゃえばいいんですよ - 「賢人論。」第1回堀江貴文氏(前編)

1/2

実業家としての活躍だけでなく、社会問題に関する言説でも多くの人の注目を集めるホリエモンこと堀江貴文氏。そんな彼が、様々な媒体で「興味が無い」と断言するのが介護ビジネスの分野。堀江氏はなぜ、介護ビジネスに興味がないのか? その理由から、超高齢社会まっただ中にいる私たちが今すべきことまで、“ホリエモン流”の言葉で切れ味鋭く語ってもらったインタビュー。前編となる今回は、介護事業の現状について率直な印象を伺った。

取材・文/川口有紀(フリート)

介護職員の給料は上がらないと思いますよ。これはもう、構造的な問題ですから

みんなの介護 ストレートにまずお伺いしますが、介護業界全体が抱えている現状として、従事している人たちの給料が平均的に安く、現場の従事者たちからも不満が出ている……という現状があります。この現状に関して、堀江さんはどう思われますか?

堀江 はっきり言ってしまうと、給料は上がらないと思いますよ。構造的に上がることは難しいでしょうね。

みんなの介護 ……かなりストレートなお答えですね。

堀江 そもそも介護報酬って、介護保険で決められていますよね? あとこういうことを言うと身もフタもないかもしれませんけど、介護って「誰でもできる」仕事なんですよ。「誰でもできる」仕事は、報酬が高くなる可能性は低い。だから、これからは省力化、ロボット化がより進んでいくと思います。外骨格スーツやパーソナルアシスタントロボットは、これからどんどん普及していくんじゃないかなと。

みんなの介護 サービスも報酬も、ルールとして制度化されているというのはその通りですね。現場からしたら収益をあげにくいシステムになっているのは間違いありません。ただ、その点を言われてしまうと我々としては辛いですけど……。

堀江 でも、労働市場ってそういうものですよ。他人ができない付加価値があるから給与というのは上がっていくわけで。なのでそれがロボットに取って代わられていくのか、外国人労働者に取って代わられていくのかはわからないですけど。だから現状にもし不満があるなら、究極の選択はみんなで辞めてしまえばいい、ということなんですけどね。

介護の現場の省力化、ロボット化は進んでいく。これは避けられない流れだと思います

みんなの介護 では、例えば介護ロボットを使いこなせるようになるとか、職員をマネジメントする能力を持つとか、そういった能力を身につけていけば、介護職を続けていくことに意義を見出だせたり、給料アップにつながったり……という可能性も出てくる、と。

堀江 可能性としてはあるでしょうね。あとは一方で、そうした人手不足の状態が生まれると同時に、介護ロボットの方の技術革新がそれまでよりも早く進んでいくとも考えられます。それを使いこなす技術は必要になるでしょうね。

みんなの介護 介護用のロボットを現場に取り入れるための補助を自治体が行うという動きは一部出てきていますね。堀江さんはビジネスとしてそちらに参入しよう、という想いはありませんか?

堀江 まあロボットは、僕がやらなくても誰か他の人がやるんじゃないかなと思いますよ(笑)。

介護は「確実な利益を見込める事業」とも考えられる ▶

介護事業は「利幅は薄くても確実に利益が見込める」と考えられなくもない

みんなの介護 外国人労働者に関してはどう思われますか? 円安や受け入れ側の問題、いろいろな課題があってなかなか進まない、というのが現状のようですが。

堀江 ビザの発給要件を緩和するべきだと思いますよ。僕が思うに、現状のビザの発給要件って厳しすぎると思うんですよね。

みんなの介護 堀江さんは、長野刑務所での作業で高齢受刑者の介護を経験されたそうですが、経験としてはいかがでしたか?

堀江 意外と“慣れる”んだなと思いましたね。割とすぐ慣れましたよ。一番最初は抵抗感はありましたけど、「これはもう、作業だな」と。

みんなの介護 以前からいろいろな媒体で「介護ビジネスには興味がない」ということをよく仰っていますが、先ほどのお話のように介護保険などの構造的部分が理由なんでしょうか?

堀江 いや、そういうわけではないです。単純に、終末ビジネスといいますか……死に向かっていく人たちを身近に見るビジネス、それをやりたくないんですよ。儲からないからではなくて、そこが大きいんです。

みんなの介護 お金の問題ではないと。

堀江 逆に言うと、介護保険でガチガチには固められていますけど、利幅は薄くても確実に利益はあげられる収益物件と考えて、介護事業に取り組んでいる知り合いは僕の周りにもいっぱいいるんですよ。大儲けはできないけれども、堅いビジネスであるということは自覚していますから。僕のメルマガの読者からも「なんでこれから伸びていく分野なのに、介護ビジネスをやらないんですか?」ということをよく聞かれるんですね。でもそれは単純に、マインドの問題と言いますか……“前向き”と言ったら変かもしれないですけど、そういうビジネスのほうが個人的に興味があるから、ですね。

みんなの介護 今後の社会問題として高齢化社会は避けられないですよね。そのあたりはどうお考えですか?

堀江 僕としては、理想は「介護が必要ない状態」だと思うんです。実際、それはできると思うんですよ、例えばアルツハイマー病。僕はアルツハイマー病は将来治せる時代が来ると思うんです。原因はだんだんわかってきて、脳細胞のなかの不要になったタンパク質を切って排出するための酵素が上手く働かないのが原因でβアミロイドというアルツハイマー病の原因となる物質がつくられてるのでは、と言われている。それを上手く働かせるための薬というのも今研究されてきていて、かなりいいところまで来ていますよね。これが進めば、アルツハイマーにならない未来というのが可能なのでは、と思うんです。

みんなの介護 それが現実になったらすごいですよね。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  5. 5

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  6. 6

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。