記事

【高江発】沖縄2紙も入らない米軍ヘリパッド工事現場の大規模伐採

画像を見る
チェーンソーは森の空気をつんざくような高音をあげながら、次々と樹木を伐採していった。=24日、ヘリパッドH地区 撮影:筆者=

 原生林の急峻な けもの道を 小一時間ほど歩くと、目の前に広がる光景に呆然とした。

 直径約70mの範囲にわたって森が消えていたのである。70mとはオスプレイ離発着帯の直径だ。

 田中は24日、H地区と呼ばれるヘリパッド造成地に入った。米軍施設である。無断で入れば刑特法(※)違反となり、1年以下の懲役となる。

 米軍の警備員に見つかれば身柄を拘束されて、沖縄県警に突き出されるのは目に見えている。

 沖縄2紙は取材に入らなかった。違法な取材をするわけにはいかないという判断から、と聞かされた。

 真っ白な切り株は、伐採されて間もないことを物語っていた。直径50㎝を超える古木、巨木の切り株が無数にあった。

 13日、陸自ヘリが重機を搬入するまでは作業小屋があるくらいで、ヤンバルの森は手つかずのままだった。わずか11日で、この様変わりだ。

画像を見る
すっぽりと原生林が消えた。おびただしい数の切り株だけが残された。=24日、ヘリパッドH地区 撮影:筆者=

 チェーンソーが金切り声をあげ、ユンボがせわしなく動くと、見る間に原生林が破壊されていった。

 防衛局による原生林の伐採はそもそも違法伐採だったのだが、林野庁沖縄森林管理署が事後承認するという奇妙な決着が図られた。

 琉球新報によれば、ヘリパッド建設の運搬道だけでも3,732本の立木が伐採され、伐採範囲は5,688㎡にものぼる。

 蛮行以外の何ものでもない。安倍政権による自然へのテロである。沖縄2紙さえも取材に来ていない。本土系のマスコミは当然いない。

 何としてもこれを記録し世に問わなければならない。風邪で体がフラフラしたが、これで潰れてもいいとさえ思った。 

 「ここは(林野庁から米軍への)提供施設です。ただちに退去して下さい」。沖縄防衛局の職員がトラメガでヒステリックに叫び続けた。

 「オマエら何の説明もなく伐採しやがって、森が泣いているじゃないか」。同行の青年は大粒の涙をポロポロ流しながら沖縄防衛局と機動隊に抗議した。

画像を見る
真っ白な切り株からは香り立つような樹液の匂いがした。=24日、ヘリパッドH地区 撮影:筆者=

(※)
日本国と米合衆国との間の相互協力及び安全保障条約に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法

   ~終わり~

読者の皆様。沖縄にあって、さらに遠隔地の高江取材は費用がかさみます。財政事情が厳しくなっておりますが、この酷い現状を伝えない訳にはいきません。ご支援何とぞ宜しくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation

あわせて読みたい

「沖縄問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。