記事

有識者会議の良識やいかに?

有識者メンバーは政府系会議の常連ぞろいらしい。
風岡典之・宮内庁長官の退任後、後任に山本信一郎氏が決まったが、驚くのは、次長として官邸中枢から、西村泰彦氏が送り込まれたことだ。
「宮内庁の人事を官邸主導に切り替えた」のだという。 

内閣法制局の人事と同じく、またしても官邸の言いなりになる人事を断行して、独裁色を強めてきた。
天皇陛下を徹底的に首相の下に置いて、管理しようとしているのだろう。 

もはや「臣下」でも何でもない。
かつて東条英機にしろ、吉田茂にしろ、「臣下」という意識は強烈に持っていたが、あいにく安倍首相にとっては、天皇を臣下にしたいという野望の方が強いようだ。 

「国民主権」が行き過ぎた政治家や自称保守派は、天皇の政治利用しか考えなくなる。
天皇が自らの主体性を発揮すると、暴走だと言い募り、憲法違反の疑いありと、天皇批判を始めるのだ。 

だがここで断言しておくが、天皇は「公」の体現者である。
私利私欲で暴走することは絶対にない!
特に今上陛下の場合は、そんな人物ではない。 

政府こそが「私」に埋没し、国家の「公」を崩壊させる危険が見えてきたときだけ、天皇は主体性を発揮する。
それを「暴走」と言う者は、そもそも「公」が見えていないからである。 

8月8日の玉音放送のお言葉を再読せよ。
すべて「公」に繋がっている。
「疲れたから自分だけでも退位させてくれ」と仰っているわけではないのである。
国民は「お可哀そう」で留まっていてはいけない。
それが有識者会議のメンバーに分かっているか否か?
疑念はあるが、もはや彼ら彼女らの良識に期待するしかない。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  8. 8

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。