記事

有識者会議の良識やいかに?

有識者メンバーは政府系会議の常連ぞろいらしい。
風岡典之・宮内庁長官の退任後、後任に山本信一郎氏が決まったが、驚くのは、次長として官邸中枢から、西村泰彦氏が送り込まれたことだ。
「宮内庁の人事を官邸主導に切り替えた」のだという。 

内閣法制局の人事と同じく、またしても官邸の言いなりになる人事を断行して、独裁色を強めてきた。
天皇陛下を徹底的に首相の下に置いて、管理しようとしているのだろう。 

もはや「臣下」でも何でもない。
かつて東条英機にしろ、吉田茂にしろ、「臣下」という意識は強烈に持っていたが、あいにく安倍首相にとっては、天皇を臣下にしたいという野望の方が強いようだ。 

「国民主権」が行き過ぎた政治家や自称保守派は、天皇の政治利用しか考えなくなる。
天皇が自らの主体性を発揮すると、暴走だと言い募り、憲法違反の疑いありと、天皇批判を始めるのだ。 

だがここで断言しておくが、天皇は「公」の体現者である。
私利私欲で暴走することは絶対にない!
特に今上陛下の場合は、そんな人物ではない。 

政府こそが「私」に埋没し、国家の「公」を崩壊させる危険が見えてきたときだけ、天皇は主体性を発揮する。
それを「暴走」と言う者は、そもそも「公」が見えていないからである。 

8月8日の玉音放送のお言葉を再読せよ。
すべて「公」に繋がっている。
「疲れたから自分だけでも退位させてくれ」と仰っているわけではないのである。
国民は「お可哀そう」で留まっていてはいけない。
それが有識者会議のメンバーに分かっているか否か?
疑念はあるが、もはや彼ら彼女らの良識に期待するしかない。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。