記事

ユーロ圏総合PMI、9月は予想下回る 製造・サービスで明暗

[ 23日 ロイター] - マークイットが発表した9月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、製造業が52.6(前月51.7)、サービス部門が52.1(前月52.8)で、双方合わせた総合指数は52.6(前月52.9)だった。

製造業PMIが予想(51.5)を上回るものの、サービス部門が予想(52.8)を下回り、総合PMIも予想(52.8)を下回った。

マークイットの経済指標担当ディレクター、ロブ・ドブソン氏は「第3・四半期末は非常に失望を誘う結果だった。製造業とサービスの間だけでなく、各国の間でも差が出てきている。ドイツは鈍化、フランスはしっかりで、この2大国以外は鈍化した」と述べた。

今回のPMIからみて、ユーロ圏の今四半期の成長率は0.3%程度になるとの見方を示した。

ノルディアのエコノミストは「秋にかけてユーロ圏では緩やかながら安定した成長が続いていることを裏付けた」と述べた。

総合指数の産出価格指数は49.3から50.1に上昇した。

INGは「不確かながらインフレ上昇を示唆しているようだが、意味のある上昇となるにはまだ時間がかかることを示している」と述べた。

ドブソン氏は「インフレ圧力がある程度出てきている。それほど強くないが、低インフレが長かったことから欧州中央銀行(ECB)にとっては安心材料になるだろう」との見方を示した。

製造業の産出指数は53.3から54.0に上昇し、9か月ぶり高水準となった。

サービス指数は2014後半以来の低水準となったほか、予想レンジの下限も下回った。サービス部門の期待指数は60.7から60.3に低下、21か月ぶりの低水準となった。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。