記事

君の「名」は? あの人と世界の幸福を真剣に願っているか

全力疾走の前触れのような、あるいは、沸々としたマグマのような『前前前世』(RADWIMPS作曲)の始まりのサウンドが、また、脳内でグルグルと繰り返す。3週間足らずで観客動員数が480万人を超え(3週連続1位)、大ヒット上映中の映画『君の名は。』(新海誠監督)の主題歌の一つだ。

 この映画を見て、私より20歳以上年下の主人公の瀧君に、年がいもなく、時空を超えて共振してしまい、言いようのない形で感性を揺さぶられた。どうして私を含め、こんなにも多くの日本人の心をとらえるのか。

 一つには、「強い想(おも)いが、時空を超える」という距離性にあると思う。個人的に好きなアニメ映画の一つに『時をかける少女』がある。本作と共通しているのは、「会いたい」「つながりたい」という強い想いが、空間的隔たりである「距離」や、それ以上の壁である「時間」を超えようとする奇跡の物語である点だ。愛する人へのどうしようもない感情が、現実にはあり得ないブレークスルーを見せてくれるかもしれないという祈りにも似た願いを、私たちは、固唾をのんで感情移入しながら必死に見守る。昭和の名作『君の名は』で、真知子と春樹の奇跡の再会を願った私たちの親と同じように。

この映画が秀逸なのは、この「時間という距離」を、そのままの形ではなく非常に叙情的に表現している点だが、あまり書くとネタバレになるので抽象的表現にとどめることとする。

 もう一つは、この想いが個人的な欲望としての「会いたい」にとどまらず、「助けたい」「救いたい」という大義につながっている点だ。事故の悲劇を消したいという点で、『時をかける少女』にもこのことは当てはまるが、『君の名は。』では、この点がより明確だ。物語の大事なモチーフである糸守町の悲劇は、例えば東日本大震災を示唆していることは間違いないと思われるが、「被害を少しでも食い止めたい」「もう一度あの人に会いたい」という大義と個人的感情が入り交じった祈りは、大震災という共通の体験を経た日本人の心に深く突き刺さる。(余談だが、本作のエンドロールには、震災復興の名曲『花は咲く』の作詞をした敬愛する岩井俊二監督の名前も見える)


 やはり大ヒット上映中の映画『シン・ゴジラ』では、かつて私も所属していた霞が関が主な舞台として描かれているが、政治家や官僚たちの大義、すなわち、「この国を、東京を救いたい」という願いと意志が絶望の淵でキラキラと輝いている。糸守への隕石(いんせき)の軌跡も、ゴジラの背中から放たれる放射能の光も、映画の中では、その惨禍とは真逆に、幻想的な美しさで描かれているが、対象をずらす形で、強い使命感という崇高な美を表現しているのではないかと思ってしまうくらいだ。

「名」には、「名分」≒「大義」という意味があるという。張り裂けそうな胸で、全身が震えるくらいに叫びたい「名≒大義」。それは、「大好きなあの人とつながりたい」という感情や、その延長にある「あの人も街も世界も救いたい」との大義を伴うと、真夏の花火のように美しく、大きく輝いてみえる。

 ただ、残念で残酷なことに、人間という生物の設計上、生の気持ちを伴うひりひりする「名≒大義」は、少なくとも30代までの「青春」しか持ちえないのかもしれない、という無意識な諦めもある。自身、三葉の名前をどうしても思い出せない瀧君よろしく、40歳を過ぎた頃から、感性を伴う「名≒大義」がうまく心に出てこない。

それでも、心臓を素手で触られるような映画に接すると、やっぱり頑張って、「感情付きの大義」を何とか思い出したいとしびれるように願う。必死に自問してみようと思う。「君の『名』は?」、と。

あわせて読みたい

「君の名は。」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  8. 8

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。