記事

英中銀なお緩和余地、妥当な成長率見込む=サンダース金融政策委員

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)金融政策委員会のマイケル・サンダース委員は、英経済は今後数年、妥当なペースで成長する公算が大きいとの見方を示した。欧州連合(EU)離脱決定による影響は「軽微」とし、エコノミストの大方の予想ほど落ち込まないだろうとした。

20日掲載の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙とのインタビューで述べた。

中銀には景気支援に向け必要なら一段の緩和余地があるとしたが、金融緩和政策の副作用については警戒すべきとの考えを示した。

サンダース氏は「今後1─2年といった短期では、英経済は減速するが、おそらくコンセンサス予想ほどは落ち込まないだろう」と述べた。

EU離脱決定による影響について、ここ数カ月に見方が変わったとし、中期的な影響は限定的との見方を示した。

その上で「英経済は向こう10━15年に妥当なペースで成長可能」と指摘した。

一方で、英中銀の緩和手段が尽きつつあるとは思っていないとし、「必要なら資産買い入れを拡大する大幅な余地がある」とした。資産買い入れを含め、金融政策は資産価格に大きな影響を与えているようだとも述べた。

「失業率が上昇し、緩みが拡大するようであれば、利下げに向けた論拠となり得る」とし、失業率の上昇は利下げを支持する要因になるとの認識を示した。

一方で、金融緩和政策によるマイナスの影響が潜在的な利点を上回れば、「景気低迷時であっても、緩和手段の活用意欲はかなり下がる」と指摘。

その上で「われわれがこうした転換点にあるとは思わないが、常に警戒しておかなければならない問題だ」とした。

*内容を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  6. 6

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  7. 7

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  8. 8

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  9. 9

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  10. 10

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。