記事

いきなり Apple との契約違反をしてしまった au

ついに、auからiPhone5が発売されることになったという記事が日経新聞に掲載された(参照)。
KDDI(au)が米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を2012年初めにも発売する。扱うのは10月に全世界で発売される最新型の「iPhone5(仮称)」。日本でアイフォーンはソフトバンクモバイルが事実上独占販売してきたが、これが崩れる。日本の携帯電話会社の勢力図が再び大きく塗り替わる可能性がある。
iPhoneアプリの開発者としては喜ばしいばかりだが、この発表、いくつか不思議な点がある。

一つ目は、10月にiPhone5が発売されるということは、多くのアップルファンにとっては99.9%確実な周知の事実ではありながらも、公式には現時点では「噂」でしかないという事実。Appleほど新製品の発表に関する情報をコントロールする会社はなく、こんな風に携帯電話会社に見切り発表させることは絶対に許さない。いままでも新製品の情報を外に漏らした社員をクビにしたり、余計なことをしゃべったベンダーを契約打ち切りにして来たりした。こんな発表をもしauが意図的にしたとなると、契約違反で罰金を払わされたり、契約を打ち切られても(もしくは、それをネタにMinimum Commitmentを倍増されても)しかたがないぐらいの大問題だ。

もう一つは、au自身は何も正式に発表していないという事実。auのホームページを見ると、9月26日に新製品発表会があるとだけ書いてある(参照)が、iPhoneのことはひと言も書いていない。

以上の情報から想像するに、裏の事情はこんな感じだろう。
  • auとAppleの間で契約が交わされ、その正式発表が9月26日と決まる
  • この発表イベントを成功させるために、auの担当者が日経新聞の記者に情報をリークする
  • 日経新聞の記者が、これを記事にしてしまう
  • Appleの担当者が怒りの電話をauにかけ、auの担当者がひたすら謝る
  • auの担当者が日経新聞の記者に怒りの電話をかけるが、記者は「オフレコだったんですか!」としらばっくれる
企業が新製品に関する情報を正式発表の数日前にメディアに意図的にリークするということは良くある話。ただし、その場合は、どこまでがオフレコでどの程度の記事までなら書いて良いか(もしくは全く書いてはいけないか)を明確にして、このような事故を避けるのが通常のやりかた。au の担当者と記者の間でどんな会話がされたのか分からないが、いずれにせよAppleから見れば情報管理の責任は au にある。

neu.NotesCloudReadersを一人でも多くのiPhoneユーザーに使っていただきたい私としては、ぜひとも au に沢山 iPhone を売っていただきたいので、こんな失敗にめげずに頑張っていただきたい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  3. 3

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  9. 9

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。