記事

班目委員長に学ぶリーダーシップのありかた

泊原発の再稼働に関する会議が原子力安全委員会で開かれたが、これがその様子。



班目委員長は、「国が定めている安全基準が守られているかどうかを調べるのは原子力安全保安院の役目。その保安院が良いと言っているから原子力安全委員会としては再稼働を容認する」と結論づけている。これを受けて、北海道の高橋はるみ知事は「(原子力安全委員会の)二重チェックは評価できる」と県としても再稼働を容認した(参照)。

ソフトウェアの世界では「二重チェック」とはあえて別の人が別の方法で独自のチェックすることを指すが、原子力の世界では「二重チェック」とは、「一つ目のチェックが規則通り行われた」ことを口頭で確認すれば十分なようである。まあ、ソフトウェアの場合はバグがあるものを出荷してしまうと多くの人に迷惑をかけてしまうから二重にも三重にもチェックをするのだが、原発の場合は万が一メルトダウンが起こっても誰かがすぐ死ぬわけでもないし、付近の住民の健康にもすぐには影響が出ないので、これで良いと考えているのかも知れない。

冗談はさておき、これを見て思ったのは、やはり班目委員長は国民の安全を守る組織の長としは全くふさわしくなく、この人がトップであるかぎり、保安院を経産省から切り離して委員会と一緒に環境省の下に置いても何も変わらない、ということ。

今さら指摘する必要もないが「国が定めている安全基準」が十分でなかったことは福島第一の事故で十二分に証明されたわけで、事故原因の徹底解析とそれに基づいた安全基準の根本からの見直しが必要なことは明白。それを指摘し、指導するのが原子力安全委員会の役目。それが今の段階でできない組織は不要だ。

それに加え、経産省の下にある保安院は安全よりもエネルギーの安定供給を優先してしまう、という矛盾を抱えたまま定期検査を終了するというのもおかしな話で、それに関しても班目委員長は何も言うつもりもないようだ。
「従来の規則通りに今まで通りにことを運ぶ」ことならば誰でもできる。リーダーシップを取るということは、常に色々なことに疑問を投げかけ、前例だとか慣習だとかに捕われず、必要な時には痛みを伴う変革を起こしながら自分の責務を果たすこと。

その意味では、班目委員長は反面教師として最高の人材。ぜひとも上のビデオを見て学んでいただきたい。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。