記事

自民党都連新執行部と民進党新執行部、どちらが有権者にアピールするか

まあ、こんな比較はしないでおくのが人情というものだろう。

私から見ると自民党都連新執行部の方は順調にスタートを切ったが、民進党の執行部は如何にも難産で、最初からケチが付いているように見える。
シャンシャンで決めたかっただろうに、どこからも手締めの声も拍手も上がらない。
何だか、皆さん憮然とした表情で、意気が上っていない。

あーあ、民進党には盛り上げ役のお祭り男がいないんだなあ、と思わざるを得ない。

あ、そこは、注文を付けるところではありませんよ、と思っていたが、あの一言で気勢が削がれてしまったことは間違いない。
前途洋々ではない、ということを申し上げておいたが、正直なところ、前途多難という印象である。

ああ、拙い進行だな、と思うが、民進党の両院議員総会の演出があまりにも拙いので苦言を呈しておきたい。

民進党は、どうやら広報戦略を根本的に見直した方がよさそうだ。
まずは、メディアへの露出の仕方をもっと工夫すべきである。

野田氏がちょっと重すぎる感じである。
私が存じ上げている頃よりも、ちょっと重くなり過ぎた。
口も重くなった。

民進党は、フットワークを軽くするためにやらなければならないことが色々ありそうである。
何をやるべきかは、みなさんでよくお考えになることだ。

一方、昨日発足した自民党都連新執行部の方は順調なスタートを切ったようだ。

小池さんの支持に回った自民党所属の区議会議員について前の執行部は除名相当と決めていたそうだが、新執行部はとりあえず離党勧告に留めることにしたようである。
離党勧告に従わない場合は除名もある、という構えのようだが、衆議院補欠選挙の働き次第では新たな処分をしないという暗黙の了解があるのであれば、新執行部は、まあ、それなりに周到な動きを示しているということになる。

もっとも、だからと言って自民党都連の新執行部が有権者の熱烈な支持を得ているか、ということになると、そこまでのことはない。
今後の展開次第でどうなるか分からない、というのが正直なところだろう。

新執行部の誕生、めでたくもあり、めでたくもなし、というところか。
民進党も、自民党東京都連も。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。