記事

「汎用タブレット市場」はそもそも存在するのか?

今朝、私の目を引いたのは、「iPad Sales May Lead to Huge Missteps by Competitors」という記事。AppleのiPadが飛ぶ様に売れている事に目を付け、Samsung、Motorola、Research In Motionなどが続々とタブレット市場に進出しているが、ユーザーが欲しているのは単なるタブレットではなくてiPadであり、需要がないところに無理矢理商品を押し込んだところで在庫が増えるだけだ、という警告。確かに考えてみると、私の回りにiPadを持っている人はたくさんいるが、iPad以外のタブレットを持っている人は見た事がない(唯一の例外はUIEジャパンが開発用に購入したGalaxy Tab)。

パソコンやテレビの場合、消費者はまず最初に「そろそろパソコン/テレビを買おう/買い替えよう」と思い、次に「パソコン/テレビならどのメーカーのものを買おうか」と考える。iPhoneが強いスマートフォン市場でも、やはり「スマートフォンが欲しいけど、どれが良いんだろう」と考える人は多いと思う。しかし、タブレット市場に関して言えば、最初に「そろそろタブレットを買おう」と思う人は皆無に近く、いきなり「そろそろiPadを買おう」となってしまっているのだ。実際、先日も知り合いの弁護士が「私の仕事仲間はみんなiPadを持っていてね、私もそろそろ買おうかと思うんだ」と言っていたがこれが良い例だ。

そういう意味では、現時点では「汎用タブレット市場」というものは存在しないに等しく、単に「iPad市場」があるだけだ。以前、ここでも「Androidタブレットはヨドバシカメラの「Androidタブレットコーナー」に横並びにされた時点で負けだ」と書いたが、そもそも汎用デバイスとしての「タブレット」の需要がないのでは勝負にならない。

ちなみに、以前、日本の某メーカーにタブレット戦略の相談をされたことがあったのだが、その時には「ヨドバシカメラに並ぶようなものを作ってもアップルには勝てないし、まず利益は出ないと思います。どうしても出したいというのであれば、いっそのこと、東急ハンズで文具として売ってもらえるように文具メーカーと共同開発するとか、医者と看護婦が日常の医療現場で使う医療システムのアクセス端末として一括で導入するとか、特定の市場・用途に特化したものを作るのはいかがでしょう?」と答えておいたのだが、そのメーカーからはまだ何も市場には出ていないようだ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  7. 7

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  9. 9

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  10. 10

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。