記事

蓮舫・民進党代表「初の女性首相を目指す」3つの課題

ノンフィクション作家 塩田潮=文

野党第一党への期待は壊滅状態

9月15日、民進党の新代表に蓮舫元行政刷新相が選出された。野党転落から3年9カ月で、民主党時代を含め、党首は海江田万里元経産相、岡田克也元外相に次いで3人目だ。

岡田前代表の再選断念は今年7月の参院選で与党の勝利を阻止できなかったのが最大の理由だが、世代交代を唱えて退場したのは、鳩山由紀夫元首相、菅直人元首相、小沢一郎元代表、野田佳彦前首相、海江田元代表らが率いた「民主党第1~第2世代」の時代の終わりを実感したからだろう。

2012年12月の総選挙以来、衆参選挙4連敗中の民進党は「第3世代の旗手」「初の女性党首」がセールスポイントの新代表を選択した。最重要課題は、いうまでもなく海江田、岡田両代表が達成できなかった連敗阻止、再生・復活を実現できるかどうかだ。

何よりもまず新代表が党の現状をどう認識しているかがカギとなる。09年に政権交代を実現した旧民主党の軌跡を振り返ると、1998年の新進党解党後、政権交代可能な代議制民主主義の実現を望む国民の期待感の受け皿を目指し、党が一丸となってその期待感の醸成と拡大に努めて、09年の政権獲得に結びつけた。党の再生・復活には国民の期待感が再醸成されるかどうかが最大のポイントである。

現状はどうか。衆参選挙4連敗、政党支持率の長期低迷などを見ても明らかなように、野党第一党にもかかわらず、期待感は壊滅状態といっていい。「党の支持基盤も人材もボロボロ」と国民の目は冷たい。

ところが、岡田前代表を含め、民主党政権を担った「第1~第2世代」のリーダーたちには「党の基盤は、言われるほど毀損していない」「与党経験も積み、有能・有力な人材も豊富」という意識が残っている面がある。民意との認識の乖離は大きい。

蓮舫新代表は就任の挨拶で、「しっかりと選択してもらえる政党をつくる」と述べた。野党転落後、「選択してもらえない政党」が民進党の現実という自覚がうかがえる。

代表選で敗れた前原誠司元外相も、立候補を決めたとき、「失敗の経験、猛烈な反省、それをバネにした党の再生」と表明した。「期待感消滅」を認識している証左である。「第3世代」が率いる民進党には、その点では期待が持てる。

だが、ほぼ完全消滅状態といっていい民進党への国民の期待感の再醸成は、もちろん簡単な話ではない。

「選挙互助会」的な党体質を打破できるか

蓮舫新代表は就任後、テレビ朝日の番組で「初の女性首相を目指す」と答えた。心意気は評価したいが、民進党内では「蓮舫代表で政権奪還」と本気で予想する人は少ない。

代表選での支持は、「第3世代の旗手」「初の女性党首」「民主党政権時代の事業仕分けで見せた突破力」「民進党には希少価値の情報発信力」といった点を買って、次期総選挙での党勢挽回、露骨にいえば議員や立候補予定者の生き残りにプラスという計算が先に立った面が強い。万年第2党に甘んじても、危機感を持たない「選挙互助会」的な党体質は、国民の期待感の再醸成にとって大きな壁だ。

蓮舫代表の過去の言動で気になるのは、党内の支持獲得のためか、路線や方針が総花的で、どの勢力にもいい顔をする八方美人的な対応が目についた点である。これでは「選挙互助会」の壁は打破できない。

もう一つは「二重国籍問題」への対応から浮かび上がった「計算と言い訳の蓮舫」という一面である。代表選の投票スケジュールをにらんで二重国籍を公表する一方、弁明で右往左往という失態を演じたが、党首の資格と要件という点で、失地回復に予想以上の困難が伴う可能性がある。

民進党がもう一度、国民の期待感を手にするには、「異色のリーダー」「路線と政策を明確にする党の旗」「将来の政権担当に不可欠の統治能力と政策実現力」の3点が条件だが、第一の「異色のリーダー」は今回、曲がりなりにも実現した。

だが、大きな課題がある。民進党の馬淵澄夫元国交相はインタビューで「民進党に欠けているのは党の掌握。企業だったら、あらゆることを全部、掌握したトップが会社を動かしていくのに、わが党はここまでずっと党の掌握ができていない人がリーダーになっている」と話していたが、蓮舫代表も「党の掌握」の手腕と力量は未知数だ。

第二の「旗」は、代表選の論戦では必ずしも明確にはならなかったが、政権選択選挙である総選挙となれば、明確にしなければならない。問題は共産党も含めた野党共闘をどうするかである。他党との調整ではなく、民進党が何をやる党か、自ら路線と政策を明確にして「じたばたせずに自力復活」という道を覚悟する。それが期待感の再醸成の第一歩だろう。

第三の「統治能力と政策実現力」では、なんといっても、経済政策の運営力を磨くことができるかどうかだ。

あわせて読みたい

「蓮舫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。