記事

朝鮮学校に「制裁」を加えても金正恩氏は屁とも思わない


金正恩氏

日本政府は、5回目の核実験を強行した北朝鮮への独自制裁を検討している。しかし、どのような制裁なら効果を生むのだろうか。

北朝鮮が1月に4回目の核実験を強行した際には、日本は北朝鮮への送金規制や同国経由船舶の入港禁止などの制裁に踏み切った。自民党はこれに加え、迂回送金の防止策や朝鮮学校への補助金支給の全面停止など、未実施の制裁を実行するよう9日の声明で求めている。

拷問と公開処刑

日本政府が北朝鮮に、断固たる姿勢を示すのは必要なことだ。しかし実際のところ、いままでと同じ考え方をしていては、日本政府にできそうなことは何もなくなっている。自民党が、朝鮮学校への圧力を求めているのがその証左だ。

北朝鮮は、韓流ドラマをこっそり見ていただけの人々を、拷問したり公開処刑にしたりしてしまうような残忍な独裁国家である。日本で朝鮮学校に通う子どもたちや親たちが苦しむようなことになっても、屁とも思わないだろう。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

そんなことぐらい、自民党の政治家たちもわかっているはずだ。わかっているけど、それくらいしか思いつかないから「やろう」と言っているのだろう。

また、世論に対する「イメージ先行」の拙速な対北圧力が、むしろ日本の対北情報戦能力を減退させてきた事実とも向き合わなければならない。

金正恩体制と「対決」を

では、日本にできそうなことは、本当にこんなことぐらいしかないのだろうか。

日本は近年、EUとともに毎年のように、北朝鮮の人権状況の改善を求める国連決議を主導している。その蓄積の上で7月、米国は金正恩氏に人権侵害の責任を問い、初めて個人として制裁指定した。

(参考記事:北朝鮮の虐殺責任者「必ず突き止める」…米国務次官補インタビュー

恐怖政治で国を支配する北朝鮮の体制に、人権侵害を完全に止めることなど絶対にできない。つまりそれを迫るということは、日本として金正恩体制を対決することを意味する。

いずれにせよ、金正恩氏には核兵器を手放す気などまったくない。彼に退場してもらわなければ核の脅威は除去できないのだから、遅かれ早かれ対決するしかないのだ。

この機会に、日本政府は、北朝鮮の民主化を追求する動きを支援していくことを明確にする。その手始めに、米国にならって金正恩氏に人権制裁を科す。新たな対北圧力は、こういったことから始めるべきだ。

(参考記事:北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。