記事

週刊ポストが特措法を批判している

「週刊ポスト」に「安倍総理よ、天皇陛下に『特措法』とは何たることか!」という記事が大々的に載っていたので驚いた。
わしに電話インタビューがあったのだが、このタイトルで記事を作るとは知らなかった。
編集者の思いっきりの良さ、優秀さが窺い知れる。

記事中で亀井静香が、天皇陛下は国政に関する権能を有しないのだから、退位したいなどと言ってはならないと主張している。
「もっと早く宮内庁が公務を減らすべきだった」などと言っている。
まったく陛下のご真意が分かってないのだ。
そもそも天皇陛下を、お飾りかロボットにしておいて、都合よく政治利用だけしたいと思っている政治家や自称保守が多すぎる。

だが言っておくが、天皇陛下は政府に直接、典範改正を要求したわけではなく、国民に訴えたのだ。
政府が何もしてくれないから、国民に対する玉音放送となったのである。
政治的発言になるという批判が起こることも覚悟の上であり、そこは徹底的に気づかって、「個人として」の発言とも断わっておられる。

天皇陛下は「高齢のため退位をしたい」「皇位を譲りたい」「公務を減らすことは意味がない」「摂政もダメだ」と明言され、「皇位の安定的継承を望む」と、国民に理解を求められたのだ。

これに対して、国民の80%から90%に上る者が、陛下に感謝して、陛下の望みを叶えてあげてほしいと願っている。
さらに一代限りではダメだとも国民は思っている。

政府はこの国民の声を受けて、皇室典範を改正すればいいだけだ。

官邸スタッフの声として、皇室典範の改正には憲法改正が必要になると言っている者がいるが、バカバカしい。
憲法の規定通りに、皇室典範の改正をやればいいだけで、「特措法の退位と即位」の方が、憲法違反になるのは、真っ当な憲法学者なら自明の理だろう。

この記事の最後にも、久能靖氏の発言で、皇室典範の改正には、憲法第一章の改正が必要になるかもしれないと言っておられるが、これは誤りだ。
憲法の「国民の総意に基づく」というのは、「象徴天皇の地位」に関する条文であって、典範の条文までが「国民の総意に基ずく」わけではない。
どうも典範改正を無理やり憲法問題に結びつけて、阻止しようとする勢力がいるので、気を付けなければならない。

この特集記事の方向性は間違っていない。
天皇陛下の「退位」と「譲位」を特措法で済ませてしまおうというのは、あまりにも乱暴で、天皇の権威を傷つける行為なのだ。
そこを弾劾してくれたのはありがたい。

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。