記事

消費判断16カ月ぶり引き上げ、景気認識は維持=9月月例経済報告

[東京 16日 ロイター] - 政府は、9月の月例経済報告で、停滞していた個人消費の判断を2015年5月以来16カ月ぶりに引き上げた。今年4月の熊本地震に伴う消費者心理の悪化に歯止めがかかったと判断した。一方、企業が設備投資に慎重な姿勢を崩していない現状も踏まえ、全体の景気認識については、これまでの判断を据え置いた。

石原伸晃経済財政担当相が16日の関係閣僚会議で報告した。

政府はこれまで個人消費の動向を「消費者マインドに足踏みがみられる中、おおむね横ばいとなっている」と分析していた。今回の報告で、政府は、震災の影響が薄れてきた現状を反映し、「総じてみれば底堅い」と判断を引き上げた。

燃費不正問題で新たな自動車購入を控える動きに回復の兆しが出始めたことも、判断引き上げの背景にあるとみられる。

月例報告では、低金利下で賃貸用の住宅着工が増えていることから住宅建設の判断も4カ月ぶりに引き上げ、「持ち直している」とした。

一方、設備投資については「持ち直しの動きに足踏みがみられる」と、15年11月以来10カ月ぶりに判断を引き下げた。

設備投資の先行指標となる船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は4─6月期でみると前期比9.2%減と、企業の設備投資になお慎重な姿が拭えないためだ。

消費や住宅建設などの判断を前進させる一方、企業の設備投資に弱さがみられる現状から、全体としての景気認識については「緩やかな回復基調が続いている」との表現にとどめた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  4. 4

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  5. 5

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  6. 6

    廣瀬爽彩さんの重大事態:旭川市教育委員会からヒアリングを行っての決意

    山田太郎

    10月24日 16:02

  7. 7

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  8. 8

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

  9. 9

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  10. 10

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。