記事

日経平均は反落、米株安を嫌気 金融政策めぐる思惑で物色に明暗

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株が大幅安となったことで朝方から売りが先行した。1ドル103円近辺までドル高/円安方向に振れた為替が安心材料となり、下げ渋る場面もあったが、来週の日米金融政策イベントを控え、ポジション調整売りが優勢となり、後場にかけて下げ幅が拡大した。

業種別では石油関連と銀行の下げが目立つ一方、保険、不動産など金利に敏感なセクターの一角は堅調だった。

日銀がマイナス金利の深掘りとともに超長期国債の買い入れを抑制するとの観測から、20年債をはじめとした超長期の利回りが上昇。保険株には業績へのプラスの影響を期待した買いが入った。一方、銀行株に対しては収益圧迫懸念が優勢となった。後場は日銀によるETF(上場投信)買い期待が高まらなかったこともあり、下げ幅が拡大した。市場では「日銀の金融政策に関心が集まっているが、今秋は政府の成長戦略に絡む政策発動も見込まれる。来週のイベント通過後はやや前向きな相場展開になりそう」(むさし証券ストラテジストの中島肇氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、セイコーホールディングス<8050.T>が続落した。13日に発表した2017年3月期連結業績予想の下方修正を嫌気した。円高やインバウンド需要を含む国内向けウオッチの売り上げ伸び悩みなどが響く。半面、ヤーマン<6630.T>は大幅高。2016年5―7月期の好業績を評価した。

東証1部騰落数は、値上がり533銘柄に対し、値下がりが1281銘柄、変わらずが161銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16614.24 -114.80

寄り付き    16632.06

安値/高値   16585.8─16706.61

TOPIX<.TOPX>

終値       1314.74 -8.25

寄り付き     1314.43

安値/高値    1312.86─1320.85

東証出来高(万株) 166404

東証売買代金(億円) 17672.5

(河口浩一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

  10. 10

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。