記事

選挙の鬼!玉木雄一郎候補

画像を見る

玉木雄一郎候補は、当選3回です。
しかしながら、玉木候補は、自民党帝国の四国で「小選挙区で勝ち続けている」のです。特に、政権を失った2012年の選挙においては、四国、中国地方、九州の中で「唯一小選挙区で勝ち残った」のです。
 
私が外から見て感じるのは、
「後援者のみなさんが熱い!」
「本来自民党の応援者である人も玉木議員を応援している」
「本人が自分の足で地元を歩き回り、きめ細かい有権者への対応をする」
ということです。
玉木候補は、2005年の郵政選挙で落選し、4年間の浪人生活を送りました。その中で、地元の方々との深い人間関係を作り上げたのです。
 
2005年の選挙は、藤末事務所の秘書が選挙事務局長を担いました。その時は、財務省を辞めたばかりで、うまく握手ができない、演説で訴える力が弱い、など様々な課題がありましたが、浪人中に応援に行くと、すさまじいスピードで腰が低くなり、演説が改善されました。そして、自分で地元を歩き回り、多くの方々に応援いただけるようになっていったのです。
 
玉木候補本人も「自分は選挙の鬼」と言っています。そのことは、確かに今までの実績が明確に示しています。
藤末は、政党の役割を「政策を掲げ」「政権を取り実現する」にあると考えます。政策を掲げるだけでは、実現できません。やはり、選挙で勝利し、政権与党になって初めて自分たちの政策が実現できます。
藤末は、「政策のみならず選挙にも強い」玉木候補に代表になってもらい、「リベラル保守の旗を掲げ」、そして選挙で勝利し「政策を実現」します。
民進党代表選挙の投票日まであと、二日です。
全力で前進していきます。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。