記事

【悩めるイエレンさん】

利上げに動くべきか?据え置くべきか?米FRBのイエレン議長は悩んでいるはずです。

しかも、トランプ候補に12日、「オバマに味方するために政策金利を低く抑えていて、それが一般国民の貯金を圧迫している」と批判され、踏んだり蹴ったりです。イエレン議長の任期は2018までですが、今から、「再任はない」とトランプ候補は言っています。

金融政策を決める次の公開市場委員会は9月20日と21。委員会の1週間前から高官が発言を控えるブラックアウト期間に入るため、13日以降発言はありません。

先週から今週にかけての高官の発言をうまくまとめたのがWSJのDivided Federal Reserve Is Inclined to Stay Pat(二分された米FRBは金融政策据え置きの方向)はざっくりこんな内容です(全文の翻訳ではありません)。

米FRBは、公開市場委員会を1週間後に控えて今なお行動に踏み切る意思統一ができておらず、政策金利の追加的な利上げを見送る方に傾いている。

確かに迷うところだ。しかし、最近のFRB高官の講演やインタビューでの発言を総合すると、物価上昇率が目標の2%より低く、失業率のいっそうの改善が見られない中で、FRBは利上げに動く緊急性はなく、先送りする方向である。

FRBがマーケットを混乱させている。ここ数週間、投資家はFRBが9月に動く可能性は低いと見ていたが、この数日、可能性が高まっているという予測に変わった。

9日にはボストン連銀のローゼングレン(Eric Rosengren)総裁の発言をきっかけに、利上げ観測が高まり、株価は急落。週明け12日、ブレイナード(Lael Brainard )理事の発言により利上げ観測が後退したことで、株価は持ち直した。

画像を見る
(WSJ)

最近、見ないほどにFRBの意見は大きく割れており、イエレン議長は、9月20日と21日の公開市場委員会を前に関係者と水面下で意見を交わす。

失業率が4.9%まで下がっていることを踏まえて、事実上のゼロ金利政策を脱するべきだと考える地区連銀総裁もいる。海外経済の減速リスクも落ち着いていると主張する。

一方、忍耐(patience)を主張する一団もいる。年内には利上げが必要だとしつつ、失業率がいっそう改善していないことを背景に、今動く必要はないという。さらに、米経済の成長鈍化を踏まえると今後も利上げを急ぐ必要はないとしている。

FRBのブレイナード理事は12日、シカゴで行った講演の中で、利上げについて慎重な対応 (prudence)を求めた。彼女はもともと"待て派"だったが、ここで"行け派"に転換するのではないかとして、投資家は発言を注視していた。

利上げを急ぐ必要はない理由として、ブレイナード理事は、失業率がリーマンショック直後の10%から5%以下にまで下がっているにもかかわらず、物価が上がっていないことを強調した。

仮に9月に動かなかった場合も、イエレン議長は非難の矢面に立つことになるだろう。8月のJackson Holeでの講演の中でイエレン議長自身が利上げの環境は整っていることを示唆するなど、メッセージがちぐはぐとして批判されるだろう。

アメリカの政策金利は去年12月の利上げ以降、0.25%から0.5%に維持されている。FRBは年初、2016年のうちに金利が1%程度上がると見ていた。しかし、金融市場の動揺、雇用情勢の改善の鈍さ、Brexit懸念などが相次ぎ、先行き不透明感から金融政策を据え置いてきた

先物取引の投資家の予想では、利上げの可能性は、9月は15%、ことし12月13日と14日の公開市場委員会では57%だ。公開市場委員会は、11月1日と2日にも開催されるが、8日の大統領選挙の直前に動くのは考えにくい

FRBが曖昧なことを言っているように聞こえるかもしれないが、ダラス連銀のキャプラン総裁は「FRBが必要以上に悩んでいるわけではない。アメリカ経済の成長は緩やかであり、物価上昇も鈍いので、あくまでもそれに対応しているのだ」と語る。

FRBはここ数か月、景気の先行き不安に対する懸念を示してきたが、来週の声明の中でリスクについて「バランスしている」と上方修正して、年内の利上げを示唆する可能性もある。

あわせて読みたい

「FRB」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。