記事

庶民は正しいが無知だから騙される

本当に驚いたのだが、福岡の親戚に電話すると、全員、次の皇太子殿下は愛子さまだと思っている。
全員、皇室典範の男系男子の規定なんか知らない。

わしの妹までが、次は愛子さまと思い込んでいて、皇室典範に男系男子しかなれないと書いてあるからと教えると仰天している。
「速く書き換えな―――!」と言う。

だから書き換えるべきとわしは言ってるが、書き換えさせない、男系の血しかダメと言う奴がいると言うと、「誰がそんなこと言うとね―――?」と言う。
今どきそんなことをいう奴がいるのかという反応に、全員がなる。

安倍晋三がそれだと言うと、呆れて悪い奴だという感想になる。
庶民は無知だが正しい。
だが政府は「庶民は無知だから騙せる」とナメて特措法でさっさと済ませようと企む。

本当は、庶民は知らなくてもいいのだが、その代わり、知識人がしっかりエセ知識人や権力の横暴を食い止めなければならない。
だが、知識人やジャーナリストはその役割を果たしているだろうか?
暗澹たる状況と言うしかない。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。