記事

【映画評】スーサイド・スクワッド

アメコミ二大巨頭の一角、DCコミックスのヴィランが大集合した一作です。

予告で超期待していました。新キャラのハーレー・クインを始め、オールバックでこれまでのイメージを覆すニュージョーカー、それからクイーンの「ボヘミアン・ラブソディー」のセンス。アートワークも全体的にイカしています。

ところが、いざ本編を観てみたら、大いに期待を裏切られました。奇抜なキャラはわんさか出てきますが、それで心踊らされることは一切ない。

やっぱり、ヴィランたちの間に文脈がないから、すべてが寄木細工でちぐはぐに見えてきてしまうんです。わかりやすく例えるなら、いきなり「アベンジャーズ」から始められたと思ってください。あの映画は、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、マイティソー、ハルクらが個々の映画において地道に奥行きを出してから結成されたのです。だからこそ彼らが並び立つ絵は壮観である。

それに対してこの映画は、ただでさえ馴染みの薄いDCのヴィランで、それを単発映画でやるというのは無茶です。

チームの成り立ちもおかしい。普通のこういう映画って、とんでもない敵が現れ人類の危機!→やべえ!どうしよ!→ロクデモナイやつだけだチーム結成だ!ってなると思うのです。けれどこの映画は、まずヤバイやつらをチームにしてたら敵が現れた(しかもその理由が完全にマッチポンプという。。。)っていうんです。

よく考えたら(よく考えなくても)こんな極悪人らをチームにするって、ものすごくリスキーです。そうするには、そうせざるを得ない理由(極悪人であろうとなかろうと人類が滅亡しちゃう!etc)。その点で、このチーム結成は観客を全く説得できませんよね。

それから何より大問題なのは、少なくとも日本語字幕版では、ほとんど笑える箇所がなかった。あれだけふざけた容姿の集まりなのに、です。少なくともぼくの観た回では、日本をモチーフとしたとあるキャラクターの登場時に失笑が漏れ聞こえたぐらいで、誰も笑っていませんでした。それが1番致命的かもしれない。

個人的に、DCは「ダークナイト」を当てて以降はイマイチというか、どこかマーベルに後塵を拝しています。そこで起死回生を狙ったのが、今作から次に続く「ジャスティスリーグ」シリーズだと思うのです。けれど、今作が象徴的ですが、そのどれもがマーベルの劣化コピーで、作れば作るほど、彼らとの差は広がっていってしまっているのではないかと憂うばかりです。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。