記事

ゼロ・トレランスではなく、寛容さをもって子供を守ろう

2/2
 報告書の中で最も間が抜けていたのは「医師による所見」の項である。

 中でも
「⑦ 「■■ちゃんは 139cm の小○生」 → 18 歳未満と考えられる。顔つき、身体の発育状況から断定が困難であるが、小学校高学年である可能性もある。」
 という部分はあまりに間抜けであった。

 このAVを検索すると、ある単体女優の名前が出てくるが、その女優の生年月日は公表されており、少なくともDVD販売時の2013年5月には18歳以上であることは分かる。

 もちろん、公表されたデータに嘘がある可能性もなくはないが、多くの作品に出演する以上、それらのメーカーすべてが年齢確認をしないということはあり得ない。確実ではないがほぼ100%の確率で児童ポルノではないと言っていい。

 医師が顔つきや筋肉や脂肪の付き方などを外から見て、年齢に検討を付ける方法を「タナー法」というが、この方法はあくまでも確率的に「だいたいこのくらいの年齢であろう」としか言えない方法である。話として参考にはなっても、正確に年齢を割り出すことはできない。「18歳以上なら合法、17歳以下なら違法」という厳密な測定にはそぐわない。

 また「疑似ロリ」に出演するような女優は、元々「年齢平均から外れた体型」であるからこそ、ロリ物に出演しているのである。平均から外れていることが前提になっているジャンルの女優を、平均的な観点からみることにいったい何の意味があるのか、僕には全く理解できない。

 もう一つ、平均的な観点から見ることの問題を述べておくと、18歳以上の女性を子供と判別してしまうことがあるということは、同時に、17歳以下の子供を18歳以上であると認識してしまうことがあるということでもある。医師による所見では「大人びた15歳の子供」を助けることはできないのである。

 医師による児童ポルノ判断では、大変な冤罪未遂事件も発生している。アダルトDVDを購入した男性がプエルトリコで児童ポルノ所持の疑いで逮捕された。男性の拘束は2ヶ月に及び、医師は「DVDに映った女性は18歳未満であることは間違いない」と証言していた。しかし、それを知った出演女優がプエルトリコに駆けつけ、裁判で成人である旨の身分証明を行い、男性は疑いを晴らすことができたという話だ。(*2)

 もし、無実が証明されなければ、男性は最高で懲役20年にもなる可能性があったということだから恐ろしい。

 HRNはゼロ・トレランスを迫る割に、児童ポルノ認定の論理はあまりに緩い。HRNの訴えが受け入れられれば、日本でもプエルトリコのような悪夢が再現されるかもしれない。

 HRNはそうした批判に対してFAQを示している。(*3)
「Q 報告書は、医師の見解により、「児童ポルノ」と断定しているのか。

A 当団体では、今回報告書で取り上げたいずれの作品についても、刑事事件で有罪立証がされたのでないことから、いずれについても児童ポルノであるとの断定はせず、「疑われる」等の表記としています。

当団体では、児童か否かについて経験を積んだ小児科医の見解をいただき、報告書にも記載していますが、医師の見解によって 100%児童か否かが判断できるわけではないという認識でおり、年齢確認のメカニズムが必要と考えています。」
 「100%ではないから「疑われる」と記している」という主張である。

 「児童ポルノにはゼロ・トレランスであたるべき」と、大口叩きながら、自分たちの児童ポルノ認定は「疑われる程度の表現でもいいじゃないか」と寛容そのもの。ハッキリしなくてもとにかく排除だけはしていこうという高圧的な姿勢は無責任であると断じるしかない。

 法律の適用においてすら「疑わしきは罰せず」は原則である。ゼロトレランスを主張するのであればなおのこと「疑われる」という表記で、根拠の提示から逃れるようなことはしてはならないのである。

 この報告書には「子どもたちを守るために、何が求められているのか ~「疑わしさ」の壁を越えて~」と記されている。しかしながら、僕はこの報告書からは「とにかく児童ポルノっぽいものを排除しよう」という意図は見えても「子供たちを守ろう」とか「疑わしさの壁を越えよう」という意味合いはほとんど感じることができなかった。

 そもそも、ゼロ・トレランスは子供たちを守らないし、壁も越えない。ゼロ・トレランスの監視対象とされた人たちは、ただ理不尽な裁定におびえて、堅く自分たちを守るしかできなくなってしまう。

 子供たちを守るために必要なのは寛容さだ。それは決して子供にだけ向けるものではなく、AV業界に対してその商売を闇雲に批判しないという寛容さを見せる必要がある。

 AV業界だって、何も「違法なことをしたい」と思っているわけではない。ただ顧客ニーズを踏まえて「子供っぽい18歳以上の女性」を出演させているだけのことである。逆に言えば子供っぽい18歳以上の女性だと思ったら、実は17歳以下で、警察が会社にやってくるような事態は避けたいのだから「17歳以下の子供から性的搾取したくない」という部分については、実は利害が一致するのである。AVメーカーとは共闘ができるのである。

 それとは別なのが、いわゆる「ジュニアアイドル」「着エロ」を配給するメーカーである。そうしたメーカーの中には明確に子供を性的搾取の対象にしているメーカーもある。そのようなメーカーは排除されてしかるべきだし、少なくとも、子供にマイクロビキニを着せたり、股間をアップにするような表現手法は批判されるべきである。ただし、こうしたメーカーに子供を売り込むのは、その親であることが多く、メーカーだけを排除しても子供が性的に搾取される問題が解決されたとは言えないので注意が必要だ。

 HRNを批判する人の多くは、18歳以上の女優が出演する疑似ロリ物と、17歳以下の子供が出演する物を区別することをHRNに求めている。それはそこを明確に区別し、別の問題として考えることでしか、実際の子供を救うことができないということをよく理解しているからだ。ただイデオロギー的に「児童ポルノを排除しろ」では、問題は複雑化するばかりで、誰一人として救えないことをよく分かっているからだ。HRNへの批判は子供たちを守るためにされているのである。

 この問題で壁を越えていないのはHRNである。

 児童ポルノという複雑な問題を雑に扱い、メディア露出狙いでしかない報告書などを出したところで、子供は一切救えない。

 HRNこそがまずは、子供たちを守るという大きな目標のために、イデオロギーという壁を大きく飛び越えるべきなのである。

*1:日本・児童ポルノ規制の実情と課題(ヒューマンライツ・ナウ)
*2:出演女性が「若く見えたため…」児童ポルノ所持で男性逮捕、海外から駆けつけたポルノ女優が証明し禁固20年から救う(らばQ)
*3:FAQ(ヒューマンライツ・ナウ)

あわせて読みたい

「児童ポルノ禁止法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。