記事

米7月卸売在庫横ばい、売り上げ0.4%減 

[ワシントン 9日 ロイター] - 米商務省が9日発表した7月の卸売在庫高は前月比横ばいで、先月発表の速報値と同じだった。一方、売り上げは減った。第3・四半期の国内総生産(GDP)に対して在庫は限定的にしかの寄与しないことを示唆した。

6月の在庫は0.3%増加していた。

GDPの算出に使われる自動車を除く卸売在庫も、7月は横ばいだった。

在庫投資の大きな落ち込みは第2・四半期のGDPを1.3%ポイント近く押し下げた。2年超ぶりの大きなマイナスで、第2・四半期のGDPは年率換算で1.1%増にとどまった。

在庫は昨年第2・四半期以来、GDPの重しとなっている。企業が在庫解消に走り、製造業の低迷につながった。

一部のエコノミストは、在庫の落ち込みは第2・四半期に終わり、第3・四半期は在庫の積み増しがGDPを押し上げるとみている。米アトランタ地区連銀の経済予測モデルによると、第3・四半期GDPの伸び率の予測値は現時点で3.5%増となっている。

7月の卸売在庫の内訳は、農産物が2.0%減だった。6月は2.8%増加していた。7月の石油製品は1.2%減。一方で自動車は0.4%増えた。

同時に発表された7月の卸売売上高は前月比0.4%減と、1月以来の大幅なマイナスとなった。6月は1.7%増加していた。7月は石油製品が3.5%減ったことが重しとなった。自動車も0.3%減だった。

この売り上げのペースで在庫を使い切るのに必要な期間は1.34カ月。6月は1.33カ月だった。1月には09年3月以来の高水準となる1.37カ月をつけており、それよりは短くなってきている。ただ、依然として高い水準にとどまっており、在庫解消がしばらく続く可能性を示唆している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。