記事

貧困と貧乏は違う  子どもの貧困対策を足立区役所で聞く

区役所全体で子どもの貧困対策を進めている足立区を視察した。貧乏と貧困は違う。全庁的に子どもの貧困という視点を持てるかどうか、職員の意識改革でもあるなど参考になる事例が多くあった。

リンク先を見る

■子どもの貧困対策部長

 足立区では、市長部局の政策経営部に子ども貧困対策部長(秋生修一郎さん)を配置し、5名のスタッフによる子どもの貧困対策を行っている。人件費以外の事業費はなく、各部署で行われている既存事業を横断的に支援することや、時にはハッパをかけることで事業目的を達成することが部署の目的だ。
 このような体制にしたのは、福祉、教育、健康など施策で縦割りにして考えないための対応で、子どもの環境を全体で考えないと個別対応では解決に結びつかないからだという。

 例えば学校の検診で虫歯が見つかった子どもが翌年もそのままである状況があるそうだ。この場合、虫歯の治療費が払えない経済的な原因を考えてしまいがちだが、23区では子どもの医療費は無料であり経済的なことではない。保護者が、乳歯だからほっておいてもいいと考え医者に行かせなかったのが理由だった。子どもにとっては一年間、虫歯に苦しめられていたことになり一種の虐待とも考えられるが、行かせなかったのは、その保護者も同様に育てられていた環境だったからだという。保護者の育った環境がそもそもの原因となるわけだ。

 この場合の対応は、歯科医が検診しているのだから学校でそのまま治療すればいいのかもしれないが、法的な問題などから治療はできない。だから学校が子どもを医者に連れていくとしている。しかし、これでは対処療法的な対応だ。虫歯にならないようにする健康施策や育つ環境への対応となる教育施策で本来は対応していれば、虫歯にはならないとなる。

 また、都市整備などは子どもの貧困とは関係ない部署と考えがちだが、公園も含めた公共施設等を作るさいに子どもの居場所や動線などを考えられえるかで子どもの育つ環境は変わってくる。横断的に対応できる部署があることで、全庁的に職員の意識に入っていくこともできているとの説明もあった。参考にできる考え方だ。

リンク先を見る

■貧困と貧乏は違う

 子どもの貧困を考えるさい、貧困と貧乏は違うと指摘されていた。
 貧乏は、いわば経済的な指標で考えるもの。貧困は、経済的だけでなく、子どもの生育環境もひっくるめて総合的に考えるもの。経済的支援では、いつまでたっても後手になり、まず発生しないようにすることが大切だとされていた。

 また、社会資本には、経済資本、文化資本、社会関係資本があるが(※)、貧困はこの経済的なことだけでなく、文化や社会関係(人間関係・コミュニケーション)の問題でも起きる。経済的な問題は格差の問題でもある。この対策は所得格差を埋めることが重要になるが、税制と社会保障性で対応すべき問題で国の仕事。自治体だけではできない。所得を補うように手当をしても焼け石に水だ。貧困状況にならないように予防の観点がないと解決できない。

 それには、文化資本と社会資本での支援が必要で、ここに自治体ができることがある。家庭での学習が困難な子どもたちに学習の場所を提供することや就労などにより保護者が不在の家庭の子どもへの居場所をつくる(学童保育)こと。自然や地域文化に親しむ体験活動を進めること。中学を卒業した後でも高校の中途退学が多いことから東京都と連携し、学び直しや就労支援などを行うこと
 また、妊産婦支援から赤ちゃん訪問、幼稚園、保育園と連携しての家庭支援も行っていくという。

 これらの事業を個別にみていくと、武蔵野市でも実施している事業が多いことに気付く。何が違うかといえば、健康施策や子ども施策、教育などの横ぐしを通してみる部署がないこと。これらの事業が結果として子どもの貧困を防ぐという視点がないことではないか。武蔵野市だけではなく、他の自治体でも同じようなことはできるのではないかと思えた内容だった。ようは、横ぐしをさし、責任をもって推進や調整できる部署を作れるかどうかが子どもの貧困対策の大きなポイントということ。

 このことは多くの自治体でも考えてみることだろう。もちろん、武蔵野市でも。

 視察は超党派の議員で構成されている「子どもの貧困対策東京議員懇談会」で行った。


※社会学における概念。フランスの社会学者ピエール・ブルデューによって提唱された

あわせて読みたい

「子どもの貧困」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。