記事

オバマ大統領の抱き込み作戦

 オバマ大統領が、国民に向けて、デットシーリングの引き上げを訴えています。

 共和党の関係者と話をするだけでは埒が明かず‥国民を味方に引き込む作戦のように思えます。

 本当にお金持ち階級は、減税を続けて欲しいと願っているのでしょうか? しかし、金持ち減税を主張するばかりで妥協をすることをしなければ、結局経済を混乱に陥れ、被害を被るのは自分たちなのに‥

 今週中には何とかなると思っているのでしょう。

 いずれにしても、オバマ大統領のスピーチを聞いて下さい。アメリカの状況がよく分かります。

 Good evening. Tonight, I want to talk about the debate we’ve been having in Washington over the national debt -- a debate that directly affects the lives of all Americans.

「こんばんは。今夜は、ワシントンで行っている国の債務に関する議論について話をしたい。全ての国民の生活に直接影響する議論である」

<中略>

 For the last decade, we’ve spent more money than we take in. In the year 2000, the government had a budget surplus. But instead of using it to pay off our debt, the money was spent on trillions of dollars in new tax cuts, while two wars and an expensive prescription drug program were simply added to our nation’s credit card.

「過去10年間、我々は収入以上に支出してきた。2000年には政府の財政は黒字だった。しかし、それを借金の支払いに充てずに、新たな減税に何兆ドルものお金が支出された。一方で、2度の戦争と高額な処方薬給付プランがあり、それも借金を増やしただけであった」

<中略>

 I won’t bore you with the details of every plan or proposal, but basically, the debate has centered around two different approaches.

「現在検討されている全ての案について詳しく話をするつもりはないが、基本的には2つのアプローチがある」

 The first approach says, let’s live within our means by making serious, historic cuts in government spending. Let’s cut domestic spending to the lowest level it’s been since Dwight Eisenhower was President. Let’s cut defense spending at the Pentagon by hundreds of billions of dollars. Let’s cut out waste and fraud in health care programs like Medicare -- and at the same time, let’s make modest adjustments so that Medicare is still there for future generations. Finally, let’s ask the wealthiest Americans and biggest corporations to give up some of their breaks in the tax code and special deductions.

「最初のアプローチは、真剣に政府の支出を削減し、収入の範囲で生活しようというものである。支出額を、アイゼンハワー以来の最も低い水準にしよう、と。ペンタゴンの軍事費を何兆ドルも削減しよう、と。メディケアのような予算含まれる無駄や詐欺的なものを削ろう、と。そして、メディケアが将来も続くように、幾分修正しよう、と。そして最後に、裕福な国民と大企業に対して、実施中の減税の幾らかを諦めてもらおう、と」

 This balanced approach asks everyone to give a little without requiring anyone to sacrifice too much. It would reduce the deficit by around $4 trillion and put us on a path to pay down our debt. And the cuts wouldn’t happen so abruptly that they’d be a drag on our economy, or prevent us from helping small businesses and middle-class families get back on their feet right now.

「この均衡アプローチは、誰かに過大な犠牲を強いるのではなく、皆が少しずつ負担する方法である。これによって約4兆ドルの赤字を削減し、債務返済の軌道に乗せるようにするものである。削減は、経済に与える影響や零細企業や中流階級家庭の回復を考え、急激に行うことはしない」

 This approach is also bipartisan. While many in my own party aren’t happy with the painful cuts it makes, enough will be willing to accept them if the burden is fairly
shared. While Republicans might like to see deeper cuts and no revenue at all, there are many in the Senate who have said, “Yes, I’m willing to put politics aside and consider this approach because I care about solving the problem.” And to his credit, this is the kind of approach the Republican Speaker of the House, John Boehner, was working on with me over the last several weeks.

「このアプローチも党派を超えたものである。私の党のなかにも、痛みを伴う歳出カットに反対する者が多くいるが、もし、負担が平等であれば賛成するという者が十分に存在する。一方、共和党員は、歳出削減を増やし、しかし増税はしない考えだ。問題の解決を考えて、政治的なことはこの際脇に置いておこうという共和党の上院議員もいた。過去数週間私とともに働いてきた下院議長のべーナー氏の案もこのようなものだ」

 The only reason this balanced approach isn’t on its way to becoming law right now is because a significant number of Republicans in Congress are insisting on a different approach -- a cuts-only approach --- an approach that doesn’t ask the wealthiest Americans or biggest corporations to contribute anything at all. And because nothing is asked of those at the top of the income scale, such an approach would close the deficit only with more severe cuts to programs we allcare about --- cuts that place a greater burden on working families.

「この均衡アプローチが未だ法制化されていないのは、共和党の多くの議員がこれとは違った案を主張しているからだ。歳出カットオンリー・アプローチである。つまり、裕福な国民や大企業には何の貢献も求めない案だ。アメリカの最も所得が多い階層に何も求めないために、赤字の削減は、もっと続けたい政策を大きく削減することによってのみ、つまり、労働者の家庭に大きな負担をかけて行うことになる」

<中略>

 Understand --- raising the debt ceiling does not allow Congress to spend more money. It simply gives our country the ability to pay the bills that Congress has
already racked up. In the past, raising the debt ceiling was routine. Since the 1950s, Congress has always passed it, and every President has signed it. President Reagan did it 18 times. George W. Bush did it seven times. And we have to do it by next Tuesday, August 2nd, or else we won’t be able to pay all of our bills.

「債務限度を引き上げるということは、議会がもっとお金を使うことを認めるものではない。単に、議会がこれま
でに積み上げた借金の支払いを可能にさせるだけのことだ。過去、債務限度の引き上げは、決まり切ったことと
して認められてきた。1950年代以降、常に議会は法律を通過させ、大統領が署名してきた。レーガン大統領は
18回、ブッシュ大統領は7回署名した。我々は8月2日までにそれをしなければならない。そうしないと請求に応
じることができなくなる」

 Unfortunately, for the past several weeks, Republican House members have essentially said that the only way they’ll vote to prevent America’s first-ever default is if the rest of us agree to their deep, spending cuts-only approach.

「不幸なことに、過去数週間、共和党の議員は、アメリカの初めてのデフォルトを回避するために自分たちが賛成するのは、歳出カットオンリー・アプローチに残りの議員たちが賛成する場合だけだ、と主張してきた」

 If that happens, and we default, we would not have enough money to pay all of our bills --- bills that include monthly Social Security checks, veterans’ benefits, and the government contracts we’ve signed with thousands of businesses.

「もし、デフォルトを起こせば、請求書がきても支払うべきお金がないことになる。そうして請求書には、毎月の社会保障費や、軍人年金、そして政府と取引のある何千という商売人の請求書が含まれている」

 For the first time in history, our country’s AAA credit rating would be downgraded, leaving investors around the world to wonder whether the United States is still a good bet. Interest rates would skyrocket on credit cards, on mortgages and on car loans, which amounts to a huge tax hike on the American people. We would risk sparking a deep economic crisis --- this one caused almost entirelyby Washington.

「歴史上初めて、トリプルAの格付けが引き下げられるであろう。世界中の投資家たちは、米国債は安全なのかと思うであろう。クレジットカードや住宅ローン、或いはカー・ローンの金利が急上昇し、国民に圧し掛かるであろう。深刻な経済危機の恐れもある。ワシントンの政治家のせいでそうなるのである」

 So defaulting on our obligations is a reckless and irresponsible outcome to this debate. And Republican leaders say that they agree we must avoid default. But the new approach that Speaker Boehner unveiled today, which would temporarily extend the debt ceiling in exchange for spending cuts, would force us to once again face the threat of default just six months from now. In other words, it doesn’t solve the problem.

「従って、デフォルトを起こすのは、浅はかで無責任だ。共和党のリーダーたちは、デフォルトを回避しなければならないということには合意すると言う。しかし、本日べーナー氏が明らかにした新しい案は、歳出カットと引き換えに、一時的に債務限度を延長するだけのものである。そのため、半年もすれば、またデフォルトの危険が生じる。つまり、問題を解決することにはならないのだ」


 結局、もの別れに終わっただけだということです。

 それにしても、いつまでやっているのでしょうね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。