記事

哀愁漂う、「食べログ文学」の世界。

「食べログ」がきな臭いようで、こんな情報が飛んでいる。

もともと、怪しげなことをやるようなビジネスは、どこかうまく行ってないことが多いんだけど、感覚的に言って、あのサイトの影響力は段々と低下していると思う。

インスタグラムなどの影響もあるだろうし、近くで探すならグーグルマップから検索しても、大体の見当はつく。ちなみに自分の周りの友人は、あのレビューを信じていない人ばかりで、まあスターバックスをうまいと思ったことがないようなタイプである。

でも、一番の原因はあのレビューの文章に漂う、独特の香りにあるのではないかと思ってる。

そもそも、食を文章にするのは難しい。そもそもが、「おいしさ」は相対性が強い。エリアによっても違うし、同じ人でも時によって異なる。打ち上げのビールはうまいが、通夜のビールは苦い。

それに、単なる味覚の鋭敏さであれば、人間以外の動物の方が鋭いのではないか。家の猫に、たまに刺身をやるが養殖はまず食べない。しかも、クンクンと匂いを嗅いでから、不審そうな顔をして去っていく。

ちなみに、この話をSNSに書いたら、猫飼いはみんな「そうそう」と言った。

まあ、味覚なんてそんなものだと思う。

話が逸れた。まあ、そういう味に関することを懸命に書けば、大概は野暮になる。まして点数をつけるというのは、それは「お上りさん」の趣味だろう。ミシュランが旅のガイドに由来すると言うのは、そういうことだ。

かろうじて文章として成立するのは日記や紀行だと思う。その人の日々がまずあって、その中に料理が顔を出す。味の批評ではなく、味わいの記録だ。
そう書くと簡単そうだが、池波正太郎以来、それを超えるような作品はあるのだろうか。有名と言われる作家でも、食の話になるとどこか物欲しげで、卑しさのようなものが漂っていることに、驚くことの方が多い。

それほどに、食を文にするのは難しく、まして批評として成立させようとすると、なぜか哀愁が漂ってくるのだと思う。

「食べログ文学」には、半端な衒学と高踏さがあり、みないろいろ言いながら「食したり」「いただいたり」している。それは、批評というものをしてみたい人々の表現欲求をかなえて、ささやかな承認欲求を満たす場でもあるのだろう。そして、時には優位性のドラミングもある。

しかし、その文章に力が入るほど、哀愁もまた強まってくる。

そうした独特の香り漂うサイトの文章は、楽しく食事したい人たちには妙な空気感となって、若い人、ことに女性がインスタグラムなどを使うのも何となくわかる。

ただ、たまにものすごくユニークなレビュアーもいて、自宅近所の立ち食いそばについて、1人でもう何回も書き足している人がいた。「今日はだしが濃いめ」「麺が固め」「いつものおばちゃんの機嫌が悪い」など、ひたすら淡々と立ち食いソバの「ログ」になっている。あそこまでいくと、山田風太郎的な世界で、それはまたすごいかもしれない。

いずれにしても、まあ食べログというのは、相当曲がり角を過ぎたサービスになっているということなんじゃないか。

それは、日本の食文化にとっていいことだと思うけどね。

【追記】そうだ!絲山秋子のエッセイ「絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか」はとても面白かった記憶がある。自分で食事を作る話だけど、食に対しての姿勢が、生真面目過ぎず、かといって斜に構えているわけでもなく、もちろん説教臭くはない。なにより、生活が主役のエッセイだ。そして、群馬の食材は実はおいしいものが多いと知り、近所にある群馬の産直店でよく野菜を買うようになった。

あわせて読みたい

「食べログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池都知事は若者からかけがえのない時を奪うのを止めろ

    青山まさゆき

    04月12日 22:14

  2. 2

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  3. 3

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  4. 4

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  5. 5

    居住実態なく当選無効 スーパークレイジー君市議「徹底抗戦」

    ABEMA TIMES

    04月12日 20:58

  6. 6

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  7. 7

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  8. 8

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  9. 9

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

  10. 10

    コロナの影響はどの地方でも深刻

    大串博志

    04月12日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。