記事

【沖縄・高江報告】 襲いかかる機動隊の車列は大蛇のようだった

画像を見る

はるか奥の赤い点滅灯が警察車両。車列は延々と続いていた。=3日午前4時57分、東村赤橋南詰 撮影:筆者=

 カーブの向こうから次から次へと警察車両が湧いてきた。最後尾は見えない。赤い点滅灯が大蛇のようにうねった。

 「品川」「北九州」「尾張小牧」・・・本土各地のナンバープレートが続く。機動隊が全国から集結していることがビジュアルにわかる。

 カマボコを中心とした警察車両は、田中が数えただけで34台もあった。1台平均15人が乗っているとして510人。

 3日午前5時、米軍ヘリパッド建設予定地から約10キロ手前の赤橋南詰で見た光景だ。

 人口わずか150余人の東村高江に、これだけの数の警察車両が向かっているのである。向かっていると言うより、襲いかかっていると言った方がいいだろう。

 この日は建設予定地のゲート前で抗議集会が開かれることになっていた。ゲート前に座り込んで工事車両を阻止する集会だ。

 機動隊は集会を開かせまいとゲート前に向かっているのである。

画像を見る

品川ナンバーの警察車両が、我がもの顔で沖縄を走る。=3日午前4時46分、東村赤橋南詰 撮影:筆者=

 「機動隊の派遣は沖縄県警の要請に基づくもの」と政府は答えているが、真っ赤なウソである。

 沖縄県警から各県公安委員会に要請が出されたのは7月12日。ところが前日の7月11日に警察庁から「沖縄県警への特別派遣について」という通知が出されている。

 警察庁が各県警に「沖縄から要請が行くからよろしく」と、根回しをしていたのだ。

 また、派遣要請をしたことになっている沖縄県公安委員会は、派遣のための会議すら開いていなかったことが、市民団体の情報公開請求で明らかになった。

 機動隊派遣は警察庁の主導だったことがわかる。

画像を見る

警察はこの日、住民・市民40人に対して160人の機動隊員を出して道路から強制排除した。=1日、東村高江 撮影:筆者=

 集会場の約1キロ手前の高江橋でピケが張られていた。工事用の車両を通さないためだ。

 徒歩でピケをくぐった参加者が続々と座り込みに加わった。うるま市から訪れた女性(70代)は、足を引きずるようにして会場にたどり着いた。高齢のせいか、少し背中が曲がっていた。

 「暑いですね。高江橋から歩くのは大変だったでしょう」。田中が声をかけると ―

 「なぜ沖縄は地上戦に巻き込まれたのだろう? その答えを見つけに高江に来た」。

 「答えは見つかりましたか?」と聞くと、「国家権力が総力を挙げてやってくるところが同じ」。女性は流れ落ちる汗を拭おうともせず話した。

  ~終わり~

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「沖縄問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。