記事

カンボジア人74人に聞いてみた!猫ひろしは嫌われているのか?

オリンピックが終わってしばらく経ちますが、我らがカンボジアに関するオリンピックの話題といえば「猫ひろし」です。

画像を見る

日本人でありながら、カンボジアの国籍をとり、マラソンでオリンピック出場した彼。日本国内では「がんばった」から「カンボジア人に失礼」まで賛否両論です。

画像を見る

しかし、わざわざ「カンボジア人に失礼」とカンボジア人の感情を先回りして予測し批判している人って、カンボジア人に会ったことがあるのでしょうか?

と、いうわけで、カンボジアで「サムライカレー」という研修プログラムをやっている我々が、カンボジアリサーチの一環として、猫ひろしの知名度をアンケート調査してみました。

その結果・・・猫ひろしのカンボジア人74人の知名度 = 4%!

画像を見る

74人中3人しか知りませんでした!

我々が調査したのはサムライカレーの店舗がある、首都プノンペンの中心地から車で10分くらいいった「ロシアンマーケット」というエリア。普通の庶民が住むエリアです。

猫ひろしの写真にも、本名(=オリンピック出場名) Kuniaki Takizawa にも無反応。
と、いうわけで、結論は「怒るも何も、猫ひろし自体誰も知らない」でした。

ちなみに、カンボジアでオリンピックが話題に上がることもほとんどなかったので、同時にオリンピック自体の知名度を調べてみました。
その結果、オリンピックの知名度 = 43%

画像を見る

半分以上のカンボジア人がオリンピック自体を知りませんでした。ちなみに年代別でいうと、10代は知っている人の方が多いのですが、それ以外はほとんど知らない。

実際、カンボジアはオリンピックに選手を6人しか派遣してない上に、全員が予選敗退または最下位争い。残念ながら自国の選手が活躍しないと人々の興味をひけないようです。(ちなみに、元オリンピック選手の為末大さんにお目にかかったときにこの結果を伝えたところ「まあ、そんなもんです。むしろ、知名度ある方ですね」とのことでした)

ただ、彼らがスポーツ選手に全く興味がないかというと、そんなことはありません。
もう一人、2014年に韓国アジア大会でテコンドー金メダルを取ったソーン・シウマイさんの知名度も調べてみました。

画像を見る

彼女の知名度は、98%!
ほぼ全ての人が知っています。

実際、栄養ドリンクなどのイメージキャラクターにもなっていますし、首相から表彰もされています。

話を聞いてみると、テコンドーがどんな競技なのかはよく分かってない人が多く、試合もみたことがないのですが、彼女のことは知っているという人が多いようです。

と、いうわけで、スポーツを普及させるには、勝つことが一番。という身も蓋もない結論になりました。
残念ながら、猫ひろしは、関心も持たれていないので、日本とカンボジアの友好関係には特に問題はなかったと思われます。

なお、このアンケートは、プノンペンの隅っこで74人に聞いただけなので、カンボジア人の総意を表しているわけではありません。どんな風に調査を行ったかはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

「カンボジア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。