記事

再エネ買取価格と環境アセス

画像を見る
 来年4月から施行される改正FIT法では、環境アセスに長い時間がかかる電源の価格について、今までのように単年ではなく複数年の価格を示すことになっている。そのため例年は年明けに本格化する算定委の議論が、今年は10月頃から本格化するはずだ。各電源の再エネ事業者にとって、この算定委の議論は注目の的となる。

 そうした環境下にある中で、陸上風力の買取価格が現行の22円から1~2円下がるとの記事が日経に出た。算定委も始まっていない状況での記事なので真偽の程は定かではないが、どこの関係者かは分らないが誰かに取材した上での記事だろうから、それなりの精度と思われる。もし、この記事の通りにストレートに1~2円下がったら、「再エネの最大限の導入」という信義に反するのではないか。なぜなら、FITがスタートした2012年に「再エネの最大限の導入」を信じてアクションした者が、自らに何の瑕疵もないのにFITスタート時の22円を得られないからだ。

 陸上風力は環境アセスなどに時間がかかるので、運開までに7~8年の時間を要すると言われている。風力の設備認定(買取価格決定)の時期は環境アセスの後となるので、FITがスタートした2012年に事業を開始した者の環境アセスが現在までに終了している可能性は低く、こうした者が22円を得る事が事実上不可能となる。

 自民党の再生可能エネルギー普及拡大議員連盟では、このリードタイムの長い電源への「信義則問題」を議論し、その考え方を提言にまとめています。この提言については、9月13日に官邸に提出する予定です。

 信じるものはバカを見るのではなく、救われなくてはならない。

あわせて読みたい

「再生可能エネルギー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。