記事

「こち亀」終了で新たな挑戦に期待

「こち亀」を終了させるとは驚いた。

ペンを持てなくなるまで描くかと思っていた。
毎週連載で200巻までとはよく根気が続いた。
わしのような飽きっぽい者からすれば、人間技ではない。 

自分の意欲と人気投票、どちらかが崩れたら連載は続かない。
続けたいという意欲があっても、人気投票が悪ければ、終わらせられる。
人気投票が抜群にあれば、逆に終わらせたいと思っても、雑誌のためには難しくなる。 

「こち亀」はもはや国民漫画とまで言われるようになったから、終わらせるのも、作家・編集者の双方でジレンマがあっただろう。 

けれども他に描きたいものがあるなら確かに限界だ。
70歳までならあと10年しかない。
わしもあと10年で何を残すかといつも考える。
案外、80歳まで描いているかもしれないが。 

『東大一直線』『おぼっちゃまくん』『ゴーマニズム宣言』、今は『大東亜論』を完結するまで描きたいと思っているが、まだ足りない。
まったく違うタイプの漫画も描きたい。 

秋本くん(二人で呼ぶときは「くん」だ)はデビューが同じ年で、担当編集者も同じだった。
今は集英社の代表取締役になっている。 

秋本くんが60歳過ぎて新作に挑戦するのは、楽しみだ。
名前でガンガン宣伝してもらえるだろうが、漫画は名前の権威も、宣伝による洗脳も、全然効かない。
恐ろしすぎる世界だから、今こそ素っ裸で挑戦する最後のチャンスだろう。 

なにより60歳過ぎてまだ健康というのが神の恵みだ。
兎と亀に例えたら、わしが兎で秋本くんが亀と思っていたが、どうやら二人とも長距離マラソンのタイプだったようだ。
まだ過去を振り返るのは早い。レースの途中だ。
わしはようやく折り返し地点を回ったと思っている。
お互い、頑張ろうじゃないか。

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室騒動招いた宮内庁の調査不足

    毒蝮三太夫

  2. 2

    舛添氏 韓国に侮辱的な対応せよ

    AbemaTIMES

  3. 3

    韓国大統領は平和賞推薦文書かず

    舛添要一

  4. 4

    対韓世論悪化 差し押さえで爆発?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    堀江氏 バイトテロは昔からある

    キャリコネニュース

  6. 6

    GW10連休 民間にとっては邪魔

    川北英隆

  7. 7

    安倍首相 選挙に5回勝ったと野次

    立憲民主党

  8. 8

    韓国の反日 日本に原因はない?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    非正規増加は小泉政権の責任か

    竹中正治

  10. 10

    「マジ卍」立民議員が若者と交流

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。