記事

日本人がしっかり休める日はいつ来るのか 有休の計画的付与制度、導入企業は約2割にとどまる

日本人の年次有給休暇取得率が上がらない。政府は2020年までに取得率70%を目指しているが、現状は47.6%(厚生労働省2015年調べ)にとどまる。

有休取得率を上げるため、労働基準法では年次有給休暇の計画的付与制度がある。労使協定を締結すれば、年次有給休暇のうち5日を超える分について、計画的に休暇取得日を割り振ることができる制度のことだ。

人材会社のマンパワーグループは、勤務先企業の有休取得促進制度の現状と、労働基準法が改正された場合に想定される変化について、20~59歳の正社員の男女400人を対象に調査を実施。8月31日に結果を発表した。

労働基準法の改正に対しては、期待感とあきらめが二極化

「あなたの勤務している会社には『年次有給休暇の計画的付与制度』がありますか?」という質問に対して、「ある」と答えた人はわずか20.8%。一方で、「ない」が53.8%、「わからない」が25.5%だった。

調査対象者の勤務先の8割以上の企業が、有給休暇の計画的付与制度に取り組んでいいないか、消極的な姿勢を見せていることが明らかとなった。

現在、国会で労働基準法改正法案が審議されており、年次有給休暇の一定日数取得義務付けが議論されている。これを踏まえ、「もし労働基準法の改正が行われたら、あなたの職場ではどのような変化があると思いますか?」という質問に対しては「有給休暇を取得しやすくなる」と回答した人は37.0%だった。

一部からは「希望した時期に有給休暇を取得しにくくなる(16.0%)」、「まとめて長期休暇を取りにくくなる(13.0%)」、「残業・休日出勤が増える(8.8%)」など、マイナスの回答も出ていた。

注目すべきは「現在と変わらない」と回答した人が38.5%いることだ。「有給休暇を取得しやすくなる」の回答とほぼ同率であることから、調査を行ったマンパワーグループは、

「労働基準法の改正に対する期待感と、『どうせ変わらないだろう』というあきらめの二極化がうかがえます」

と分析している。日本の会社員が自由に有休を取れる日はいつ来るのだろうか。

あわせてよみたい:【悲報】日本人の疲れ方がやばい

あわせて読みたい

「有給休暇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。