記事

歴代代表最高支持率は鳩山、次いで菅。2020の政権政党の創造といった発想が必要!

1/2

全く盛り上がらないまま民進党代表選挙



世間の注目を受けることなく民進党代表選挙が始まる。

先月、『蓮舫代表になっても無投票で「社会党末期の道」ならむしろ「小池新党」に期待が集まる』( http://blog.livedoor.jp/ryohey7654/archives/52065919.html )といったコラムを書いて非常に多くの方にお読みいただいたと共に、民進党国会議員たちからも「いいコラムを書いてくれた」と、何人もからご連絡をもらった。

反響も大きかったこのコラム、誤解のないようにあらためて言っておくが、「蓮舫氏が嫌い」ということを言っているわけではない。 民進党代表選の話題になると、「民主党には散々裏切られたし、期待なんてしていない」という人たちがいるが、政権政党の選択肢がないということは、有権者にとって、常に政権は「自民党が決めた人」に任せるしかないということになる。

そこが問題なのだ。

民進党を政権が担える政党にすることは、むしろ民進党支持者のためではなく、政権政党を自ら選びたいと思う国民、有権者にとって重要な問題だと言えるのだ。

こうしたことを考えた時に、今回の代表選において、民進党はどの層をターゲートに政党のあり方を解いていく必要があるのだろうか?

民進党代表選において考えられる対象は幾つかある。
1つは、「民進党の支持基盤」を対象にするという考え方だ。 これについては賛否両論あるだろうが、そうは言っても民進党にとって最も大きな支持基盤が労働組合組織である「連合」である。
さらにこれに「党員・サポーター」などを加えて対象とするという考え方もあるだろう。

しかし、いうまでもなく、こうした層のみを対象にしたところで、民進党への支持の広がりは限界がある。

そこで2つ目の対象として考えられるのが、先の参議院選挙も含めた選挙時の限定的な支持、選択肢が他にないというアンチ自民票といった消極的な選択も含めた、「民進党支持層」だ。

どうも民進党のこの間の代表選を取り巻く報道を見ていると、ターゲットととして捉えているのは、多く見積もってもこの層までと考えているように感じてならない。
政権を失った以降の民主党から民進党まで、外の立場から見ていると、どうもこうした内側への働きかけや、現状維持といった後ろ向きの対応が多いように思う。

言うまでもないが、こうした戦略はジリ貧であると同時に、自らの可能性を潰している。
一方で「政権選択政党に」と言いながら、なぜこうした対応をとらざるを得ないのだろうか。


現職の国会議員が方針を決めることによる「自分の再選ありき」の弊害


最も大きな要因としてあるのが、現職の国会議員たちにとってその思考の中で、「自分の再選」ということが大きなウェートを持つということだ。

都知事選の一連の流れの中や、今回の代表選挙のプロセスの中でも、報道ベースでしかないが、長島昭久議員の離党などが噂される。
維新の党との合併の際にも、民主党全体としての合併ではなく、「民主党から中堅若手だけ飛び出して新党」などという期待などもあった。

しかし実際にはなかなか離党ということにまで結びつかない背景には、大きく2つのことがあると考える。
1つは「お金」、もう一つは「自分の再選」である。
民主党結党の際には鳩山氏と連合から結党時に25億円の費用が掛かり、 うち15億円を鳩山家から、残りの10億円を連合が出したと言われる。

みんなの党結党の際にはそのお金を外から借りたことによって政治と金の問題となった。
こうしたことから考えても新党を作るというのはそれほど簡単ではないことが分かる。
もう一つが「自らの再選」を第一に考えた際には、党を割れば、選挙の際に自民党だけではなく、自ら戦う相手を増やすことになることで、より厳しい選挙にしてしまうことになるからだ。

象徴的な話として、元民主党議員たち頭の中にあるのが「政権下野時のあの選挙に残ったのだからどんな選挙でも勝てる」という思考である。 小選挙区比例代表並立制による「比例復活」や参議院の全国比例も含めた複数議席選挙区による弊害とも言えるが、つまり「余計なこと」さえしないで、同じ構造のままで居られれば、少なくとも「自分たちは再選できる」という考え方だ。

もちろん民進党の議員のほとんどがこうした考え方であるとまでは思わないが、「自分の再選」だけを考えれば、「現状からあまり構造を変えたくない」という思考が働いている可能性はある。
輪をかけて問題なのは、こうした方針をその当事者である国会議員たちが中心に考えているという構造にもある。

こうした思考については早急に転換していく必要がある。


あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。