記事

大学教育での英語講義の弊害

大学や大学院での教育に、英語による講義を全面的に導入しようとの動きが活発である。今日も一橋や早稲田での方針がニュースとなっていた。とはいえこの流れ、友人との議論では大いに疑問との結論である。

そもそも大学や大学院での教育の狙いとは何なのか、これをしっかりと定めないといけない。狙いは、自分で考え、行動できるようにすることである。この狙いと、英語だけの教育とが合致するのかどうか。

体験からすると、日本人に対して日本語で講義をしても、講義内容をきちんと理解していることは稀である(教え方がまずいと言われれば、それまでだが)。ましてや、英語で教育して、本来の講義の狙いがどれだけ達成できるのだろうか。この点をしっかりと考えないといけない。

事例がある。ある程度日本語のできる留学生が、日本語で講義を受け、どれだけ理解したのか、この点は期末試験で一目瞭然である。留学生の平均点は日本人よりも劣る。もちろん、留学生日本人の間には基礎能力に大差はない。そう評価している。

つまり、英語で講義をすれば、英語の能力は身につくかもしれないが(教員がちゃんとした英語を話せるとして)、肝心の講義の目的は達成できない。ことわざで言う、二兎を追うものは一兎も得ずであり、虻蜂取らずである。

英語は英語で、多くの時間を割き、教えることが肝要だろう。もちろん、上級者の講義に英語のテキストを使ったり、英語で講義したりすることを否定するものではない。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  5. 5

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  7. 7

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  8. 8

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。