記事

大学教育での英語講義の弊害

大学や大学院での教育に、英語による講義を全面的に導入しようとの動きが活発である。今日も一橋や早稲田での方針がニュースとなっていた。とはいえこの流れ、友人との議論では大いに疑問との結論である。

そもそも大学や大学院での教育の狙いとは何なのか、これをしっかりと定めないといけない。狙いは、自分で考え、行動できるようにすることである。この狙いと、英語だけの教育とが合致するのかどうか。

体験からすると、日本人に対して日本語で講義をしても、講義内容をきちんと理解していることは稀である(教え方がまずいと言われれば、それまでだが)。ましてや、英語で教育して、本来の講義の狙いがどれだけ達成できるのだろうか。この点をしっかりと考えないといけない。

事例がある。ある程度日本語のできる留学生が、日本語で講義を受け、どれだけ理解したのか、この点は期末試験で一目瞭然である。留学生の平均点は日本人よりも劣る。もちろん、留学生日本人の間には基礎能力に大差はない。そう評価している。

つまり、英語で講義をすれば、英語の能力は身につくかもしれないが(教員がちゃんとした英語を話せるとして)、肝心の講義の目的は達成できない。ことわざで言う、二兎を追うものは一兎も得ずであり、虻蜂取らずである。

英語は英語で、多くの時間を割き、教えることが肝要だろう。もちろん、上級者の講義に英語のテキストを使ったり、英語で講義したりすることを否定するものではない。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  3. 3

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  4. 4

    北欧の教育を崇める日本に警鐘

    BLOGOS編集部

  5. 5

    自称リアリストのうぬぼれに怒り

    内田樹

  6. 6

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  8. 8

    闇営業報道は反社の証拠買ったか

    AbemaTIMES

  9. 9

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

  10. 10

    宮迫の弁解に「往生際が悪すぎ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。