記事

大学教育での英語講義の弊害

大学や大学院での教育に、英語による講義を全面的に導入しようとの動きが活発である。今日も一橋や早稲田での方針がニュースとなっていた。とはいえこの流れ、友人との議論では大いに疑問との結論である。

そもそも大学や大学院での教育の狙いとは何なのか、これをしっかりと定めないといけない。狙いは、自分で考え、行動できるようにすることである。この狙いと、英語だけの教育とが合致するのかどうか。

体験からすると、日本人に対して日本語で講義をしても、講義内容をきちんと理解していることは稀である(教え方がまずいと言われれば、それまでだが)。ましてや、英語で教育して、本来の講義の狙いがどれだけ達成できるのだろうか。この点をしっかりと考えないといけない。

事例がある。ある程度日本語のできる留学生が、日本語で講義を受け、どれだけ理解したのか、この点は期末試験で一目瞭然である。留学生の平均点は日本人よりも劣る。もちろん、留学生日本人の間には基礎能力に大差はない。そう評価している。

つまり、英語で講義をすれば、英語の能力は身につくかもしれないが(教員がちゃんとした英語を話せるとして)、肝心の講義の目的は達成できない。ことわざで言う、二兎を追うものは一兎も得ずであり、虻蜂取らずである。

英語は英語で、多くの時間を割き、教えることが肝要だろう。もちろん、上級者の講義に英語のテキストを使ったり、英語で講義したりすることを否定するものではない。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。