記事

菅総理の存在は経済に最大の不幸

先日、菅総理は会見で脱原発を打ち出しました。

また、その中で、「つまり、計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくても、きちんとやっていける社会を実現していく。これが、わが国の目指すべき方向だと考えるにいたりました。しかし、その一方で、国民の生活や産業にとって必要な電力を供給するということは政府としての責務でもあります。国民の皆さん、そして企業にかかわっておられる皆さんの理解と協力があれば、たとえば、この夏においてもピーク時の節電、あるいは自家発電の活用などによって十分、対応できると考えております」と発言しています。

この夏の厳しい電力需要を乗り切るために、東京電力管内以外でも企業は厳しい節電をして操業しています。

多くの企業は、安定せず、100%の電力使用が不可能な国内から海外へ工場等を移設するなどの検討を始めています。

昨年1年間だけでも、多くの中小企業が海外へ出て行ったとの報道があり、アメリカ・カリフォルニア州でもここ1

〜2年、日本企業の海外進出が増えています。このままでは、国内産業の空洞化は避けられず、急速に失業率は悪化し、消費の減退など多くの影響が出てきます。

それにもかかわらず、菅総理は、節電、自家発電をすれば問題ないとしています。先日も、インドネシア・ジャカルタで行われた世界経済フォーラム東アジア会議に出席した際、私が、日本経済の復活についてスピーチをしても、15%も節電をしていて、どうやって回復させるのかとの質問が多く寄せられました。

節電に自家発電すれば、乗り越えられる・・・、これは、本末転倒な話ではないでしょうか?

そもそも、節電せずに安定的な電力を確保できてこそ、企業は国内に留まり操業を続けられるのです。

また、多くの国民が節電として、暑い中もクーラーを我慢し生活しお年寄りなどが熱中症でお亡くなりになっている中で、これ以上我慢をして、菅総理の将来の見通しのない、思いつきの政策につき合わされるのでしょうか?

菅総理は日本経済を破壊しようとしているようにしか思えません。

そもそも辞める総理に将来のエネルギー政策を言われても意味がありませんし、被災地及び日本経済のためにも、直ちに職を辞して、後任に任せていただきたいと思います。

今後、原発の新規増設は難しいでしょうし、再生可能エネルギーや、メタンハイドレードなどの新エネルギーのシェアを増やすことは必要でしょう。

いずれにしろ、これからのエネルギー政策をどうするのかについては、コスト増の観点も含めた、冷静な国民全体の意見を聞くことが必要となると思います。

それを、経済について良くわからない首相が、延命のためだけに政策転換を行うなど言語道断です。

これ以上、混乱を助長しないで頂きたいと思います。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  8. 8

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。