記事

【コラム】癌になるのを防ぐ方法

1/2
先日の記事は、どうもちゃんと読み取れていない人がいるみたいなので、もう少しかみ砕いて要点だけ書いておきます。

子供に限った問題点は、成長の過程で放射性物質の体内蓄積をしてしまうことです。

特に問題なのが、甲状腺癌です。しかし、全く対策をとらなかったときの発症率が10万人に10人という数字はそれだけ子供のDNA修復能力が高いからというのが、適切な見方でしょう。もし、高齢者並みのDNA修復能力しかなかったら軽く3桁にいっていたはずです。

そういう意味ではそういった子供達が高齢になったときどうなるのかという事については予断を許しません。しかし、甲状腺癌になることをケアしていた子供達が、将来10万人中1000人(100人に1人)甲状腺癌になることは考えにくいです。

とはいえ、子供の方が残されたライフスパンは長いので、その分影響は長いし、多いと言えます。長期間にわたるケアが必要です。

外部被爆に対する修復機能では子供の方が高いので、もし、低放射線の外部被爆を例えば3年間だけ浴びるとしたら、その影響は大人より子供の方が低いです。

よって、子供にとっては内部被爆の方がより問題だと言えます。そして、大切なのは発がん率をちゃんと把握することです。

放射能がなくても、人の細胞一つは一日に付き、50万個のDNAダメージを受けていると見積もられています。30億中50万です。およそ0.0167%です。

これらのダメージのほとんどはDNA修復機構によって修復されます。

このダメージの主なソースはミトコンドリアの酸化的リン酸化の過程で生じる活性酸素によるものだと考えられます。これらのダメージは放射能によるものとほぼ同じと考えて差し支えありません。放射能によって、どれだけのダメージがあるかを見積もった数字は見つけられませんでしたが、低放射能だと、3000とか、低ければ、100とかの数字になるものと思われます。高くても10万程度でしょう。

がんセンターが発表したように、日常生活の中に癌の発生率を上げるものがあります。

運動不足、喫煙、受動喫煙、野菜摂取不足などです。これらも最終的にはDNAダメージを引き上げる効果があると考えられます。

つまり、癌化につながるDNAダメージは、大半を占めるミトコンドリア由来の酸化ダメージに加えて、日常生活で生じるもの、さらに原発の近くだと、放射能によるものが追加されると考えられます。

絵に描くとこんな感じです。

尚、棒グラフになっていますが、これらは定量値に基づく正確な値ではなく、あくまでイメージ図です。

画像を見る

左側が細胞が受けるダメージ、右側が修復機構によって修復される数になります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  7. 7

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  8. 8

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。