記事

一般的には小児の方が放射能に強い

1/2
時々ニュースやtwitterで「子供の方が放射線の感受性が強いので、子供の方を注意して守るべき」みたいな論調を見かけます。

確かに細胞分裂が盛んな子供の方が、染色体がゆるんでいる状態になっている時間が長いので、その間は言わば、甲や防具を脱いだ状態ですから放射能の攻撃を受けやすい状態ではあります。また、体積も増えていますからその分アタックされやすいとも言えます。

だからといって、子供の方が放射能に弱いわけではありません。

一番わかりやすい例は、子供って癌にならないでしょ。

子供癌保険なんて聞いたことありますか?(あるかもしれませんが…)

まず、最初に癌発生のメカニズムについて簡単に説明します。

癌はDNA傷害からDNAに変異が発生し、さらにDNA修復機能を免れたものが発現蛋白質に異常をきたして、それらが積み重なって癌になります。

但し、癌化を引き起こすDNA変異は全ゲノムの0.0002%程度(誤差は±一桁くらい)だと考えられます。

【コラム】放射能から守るべき遺伝子の塩基数はどれくらいか? - AMOKの日記

また、一般的に一カ所のDNA変異で癌化するのはレアなケースでほとんどが多段階のステップを踏む必要があります。

多段階のステップを踏む間に、それが修復されてしまったり、また、致死性のDNA変異が入って細胞がアポトーシスで死んでしまったり、異常細胞として免疫細胞から殺されてしまったりするので、実際はなかなか癌は出来ません。

下記の図でGroupと書いてあるのは、ある細胞機能に関わる蛋白質群という意味です。

画像を見る

子供が全く癌にならないかというとそうではなくて、恐らくステップの少ない癌が小児癌になりやすいものだと考えられます。特に白血病が比較的多いです(子供だけの癌ではなくて、大人もなります)。

とはいえ、普通、健康な人が癌のことを心配し出すのは大抵50歳を過ぎてからです。

実際、ほとんどの癌は50歳を過ぎてから急に増え始めます。

例えば、胃がんだと10万人に対して、30代で4.8人が、60代で287.3人に増えています。

胃がんと年齢 - 胃がん

もし、単に多段階ステップを踏むだけで癌化するのであれば、本来なら確率の問題だけなので線形に近い形で増えるはずなのにそうはなっていません。

これこそが、子供が放射能に強い理由の秘密です。

その理由はDNA修復のWikiを見ても読み取れません。

DNA修復 - Wikipedia

DNA修復機能は二つに大きく分けることが出来ます。

常に傷害を探していて、見つけたら働けるものとある特定のイベント時のみ働けるものです。

簡単に分けてみると、下記のようになります。
  • 常に傷害を探していて、見つけたら働けるもの
      • 損傷の直接消去
      • 塩基除去修復
      • ヌクレオチド除去修復
      • 一本鎖切断修復
      • 組換え修復
      • 非相同末端再結合
  • ある特定のイベント時のみ働けるもの
    • 転写時(遺伝子が発現するときのこと)
      • 転写に共役した修復(TCR)
    • 複製時(細胞分裂するときのこと)
      • ミスマッチ修復
      • 校正修復
      • 相同組換え
      • 非相同末端再結合
      • 複製後修復(PRR)
      • 損傷乗り越え複製(TLS)
これらのうち、放射能によるDNA傷害を修復する主な機構を青でラベルしています。

放射能とDNA損傷

これらの中で、圧倒的な修復精度を誇るのは、DNA複製時の修復です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  9. 9

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。