記事

焦点:スペイン、3度目の下院選に向けカウントダウンへ

[マドリード 28日 ロイター] - 2度の選挙を経ても政権を樹立できていないスペインで、下院が31日にラホイ暫定首相の信任決議を実施する。否決の可能性が高く、1年間で3度目の下院選に向けてカウントダウンが始まりそうだ。

スペインは昨年12月の下院選で政権を樹立できず、今年6月の選挙では首相の国民党が最大の得票を押さえたが、過半数には至らなかった。

信任決議では、新興政党のシウダダノス(市民党)が首相支持に回ると表明しているが、社会主義政党は支持を拒否しており、過半数は得られない見通しだ。

31日の決議で信任されない場合、9月2日に再投票が行われ、これを社会主義政党が棄権すれば信任に至るが、社会主義政党は棄権の可能性を否定している。

ラホイ首相の信任決議が否決された場合、政権樹立協議に2カ月の猶予が与えられるが、その期限が来ると自動的に選挙が公示される。クリスマスごろになるかもしれない。

もっとも、野党は選挙法を変えて選挙を前倒しすべきだと主張している。

31日の信任決議までに政権不在の期間は254日と、スペインの民主主義の歴史で最長に達する。

<経済に悪影響>

政府が機能していないにもかかわらず、スペイン経済は好調だ。3年前に景気後退から脱し、暫定政権の予想では今年の成長率は2.9%と、ユーロ圏で屈指の高さとなる見通し。しかしエコノミストによると、政治の不透明感が解消されればさらに成長率はさらに高まるだろう。

BBVAのエコノミスト、ミゲル・カルドソ氏は「政権不在が悪影響をもたらしている」と指摘。同氏の予想では、今年の成長率は3.1%だが、政権が樹立されていれば3.5%程度になっていたはずだ。

建設などの分野には既に政局の不透明感が影を落としている。

25日に発表された政府統計によると、第2・四半期の建設業の活動は前年同期比0.7%減少した。公共工事の決定が棚上げされているためだ。

また、政府による高官の任命も滞っており、ジャマイカ、インド、ベルギーのスペイン大使館は大使不在となっている。

(Sonya Dowsett記者)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。