記事

「朝ナマ」の反応とオウム真理教との相似

「朝ナマ」はパネリストの登場シーンから、竹田恒泰を「旧皇族」と紹介していた。
竹田は「皇族」だったことは、一度もない。
生まれたときから一般国民である。
彼の父親も生まれも育ちも一般国民である。
せいぜい「旧宮家系・国民男子」と紹介するしかない。
「明治天皇の玄孫」というのも、「明治天皇の女系の玄孫」と紹介しなければならない。
こういう部分から、国民の誤解を拡げる原因となるのである。 

さて、「朝ナマ」の反応は、わしはSNSをやらないので分からなかったのだが、圧倒的に竹田恒泰に対する違和感と嫌悪感で充満していたらしい。
男系ネトウヨは相変わらず竹田を擁護していたが、それを圧倒する批判の数だったということだ。
国民の常識はまだまだ健在である。 

竹田恒泰を見ていると、オウム真理教の上祐史浩を思い出す。
だが、その妄信した饒舌さでは上祐史浩だが、竹田の場合は尊師・麻原彰光でもある。
強烈な信者は、彼のことを宮様あつかいしている。
麻原と上祐、両者を兼ねた存在が竹田恒泰なのだ。 

さしずめY染色体男系派が、麻原の説法に洗脳されたオウム信者たち、日本会議がオウムのサティアンのようなものだろう。
この評価はいずれ必ず確定する。
オウムと戦ったわしが言うのだから、間違いない。 

いずれわしは今上陛下と、この皇位継承妨害の真実を、一冊の本として描くだろう。
歴史の記録として、残しておかねばならない。

あわせて読みたい

「竹田恒泰」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。