記事

リオ五輪で中国の金メダル数が激減した理由 - 澁谷 司

政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所教授 澁谷 司


   オリンピックへ中華人民共和国が参加したのは、1984年のロサンゼルス五輪以降である。
 ここで中国のメダル獲得の推移を示す。なお、金メダル数が多い国が金・銀・銅の各メダル合計数よりも優位とする(金メダルが同数の場合、銀メダルが多い国が上位。同様に、金・銀メダルが同数の場合、同メダル数が多い国が上位とする)。

(1)1984年ロサンゼルス五輪では、金15個・メダル合計32個で世界第4位(1位は米国。ただし、1980年モスクワ五輪で西側諸国がボイコットしたため、同五輪ではソ連邦をはじめ東側諸国が不参加)。
(2)1988年ソウル五輪では、金5個・メダル合計28個で世界第11位(1位はソビエト連邦)。
(3)1992年バルセロナ五輪では、金16個・メダル合計54個で世界第4位(1位はEUN<バルト三国を除く旧ソビエト連邦構成国家によって構成された選手団、チーム>)。
(4)1996年アトランタ五輪では、金16個・その他合計50個で世界第4位(1位は米国)。
(5)2000年シドニー五輪では、金28個・その他合計59個で世界第3位(1位は米国)。
(6)2004年アテネ五輪では、金32個・その他合計63個で世界第2位(1位は米国)。
(7)2008年北京五輪では、金51個・その他合計100個で世界第1位(2位は米国)。
(8)2012年ロンドン五輪では、金38個・その他合計88個で世界第2位(1位は米国)。
(9)2016年リオ五輪では、金26個・その他合計70個で世界第3位(1位は米国)。

 中国の“大躍進”は2000年のシドニー五輪以降である。中国が獲得した金メダルが28個→32個→51個→38個→26個と推移した。特に、自国開催となった2008年の北京五輪では、金メダル数世界第1位を記録している。ある意味、オリンピックが国威発揚に利用されたとも言える。
 さて、米国は、1996年のアトランタ五輪以降、北京五輪を除き、常に世界1位である。今回も金46個(その他合計121個)でトップとなった。

 よく知られているように、米国は、競泳やトラック競技でたくさんの金メダルを稼ぐ。近年では、競泳のマイケル・フェルプスはアテネ五輪を皮切りに、北京五輪・ロンドン五輪・リオ五輪までの4大会で、1人で金メダルを23個(団体を含む。全部で28個)の金メダルを獲得している。
 また、リオ五輪で第2位となった英国(金メダル27個・その他合計67個)は、自転車、ボート、カヤック、馬術、ヨットなどの競技が強い。そして、競技人口が少ない様々な分野で金メダルを狙っている。
 一方、中国は、「集中独占型」でメダルを量産してきた。中国は卓球や飛び込みで、1990年代から絶対的な強さを発揮している。

 リオでは、飛び込みで金7個(その他合計10個)、ウェイトリフティング金5個(その他合計7個)、卓球4個(その他合計6個)、陸上競技金2個(その他合計6個)、バトミントン金2個(その他合計3個)、テコンドー2個で複数のメダルを獲得した。
 あとは、射撃で1個(その他合計7個)、競泳で1個(その他合計6個)、バレーボール1個、自転車トラック1個となっている。
 中国は、今回、得意競技の卓球、飛び込み、ウェイトリフティング等では良い成績を残した。だが、射撃や体操競技等では実力を発揮できなかった。

 特に、中国の体操陣は、1984年ロサンゼルスオリンピック以来、金メダルをはじめ、多くのメダルを獲得してきた。しかし、リオ五輪では、体操チームは、男子団体・女子団体の銅メダル1個ずつしかメダルを取れなかったのである。
 なぜ、リオ五輪で中国チームが低迷したのか。様々な要因があるので、拙速には結論付けられない。ここでは仮説を提示するにとどめる。

 前回、夏のロンドン五輪(胡錦濤時代)では、中国選手団はそれなりの成績を上げた。ところが、その秋の中国共産党18回全国代表大会(18大)以降、習近平が総書記へと代わってから、いわゆる「贅沢禁止令」が出ている。
 また、「反腐敗運動」が始まり、中国の監督・コーチは、各方面から賄賂を受け取る事が難しくなった。そのため、監督・コーチが、選手を育てるインセンティブを失ったとしてもおかしくないだろう。
 それに、2014年以降、中国経済が停滞しているのも、選手団の低迷にもつながっているのかもしれない。おそらく北京政府がスポーツに多額のカネをつぎ込む余裕がないのだろう。

澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。 専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)等多数。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  8. 8

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。