記事

小熊英二と竹田恒泰はなぜ共感できるのか?

今朝の朝日新聞で、小熊英二が竹田恒泰の論を正論のように扱い、8月8日の天皇陛下のビデオメッセージについて疑義を呈している。

「本来このような形で公にしてはいけないことであった」という竹田の考えを支持しているのだ。

こうなるだろうなとは予想していた。

戦後民主主義の信奉者であり、護憲派であるという点では、小熊と竹田は完全に一致している。

笑えるのは、百地章だ。
竹田との違いは改憲派であることだが、憲法学者なので、「国民主権」に嵌っている、その時点で戦後民主主義の影響下にあり、矛盾を抱えた哀れな存在なのだ。

自称保守派はこういう思想的矛盾を見抜けない。
頭が悪いからしょうがないのだが。

小熊英二が竹田恒泰の議論に共感するのは、天皇の政治性を完全に封じたいという情熱が一緒だからだ。

その先にあるのは何か?

実はその先ではこの両者の考えは、まったく両極に分かれる危険しか待っていない。

あわせて読みたい

「小熊英二」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  5. 5

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  6. 6

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  7. 7

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  9. 9

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。