記事

小熊英二と竹田恒泰はなぜ共感できるのか?

今朝の朝日新聞で、小熊英二が竹田恒泰の論を正論のように扱い、8月8日の天皇陛下のビデオメッセージについて疑義を呈している。

「本来このような形で公にしてはいけないことであった」という竹田の考えを支持しているのだ。

こうなるだろうなとは予想していた。

戦後民主主義の信奉者であり、護憲派であるという点では、小熊と竹田は完全に一致している。

笑えるのは、百地章だ。
竹田との違いは改憲派であることだが、憲法学者なので、「国民主権」に嵌っている、その時点で戦後民主主義の影響下にあり、矛盾を抱えた哀れな存在なのだ。

自称保守派はこういう思想的矛盾を見抜けない。
頭が悪いからしょうがないのだが。

小熊英二が竹田恒泰の議論に共感するのは、天皇の政治性を完全に封じたいという情熱が一緒だからだ。

その先にあるのは何か?

実はその先ではこの両者の考えは、まったく両極に分かれる危険しか待っていない。

あわせて読みたい

「小熊英二」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。