記事

小熊英二と竹田恒泰はなぜ共感できるのか?

今朝の朝日新聞で、小熊英二が竹田恒泰の論を正論のように扱い、8月8日の天皇陛下のビデオメッセージについて疑義を呈している。

「本来このような形で公にしてはいけないことであった」という竹田の考えを支持しているのだ。

こうなるだろうなとは予想していた。

戦後民主主義の信奉者であり、護憲派であるという点では、小熊と竹田は完全に一致している。

笑えるのは、百地章だ。
竹田との違いは改憲派であることだが、憲法学者なので、「国民主権」に嵌っている、その時点で戦後民主主義の影響下にあり、矛盾を抱えた哀れな存在なのだ。

自称保守派はこういう思想的矛盾を見抜けない。
頭が悪いからしょうがないのだが。

小熊英二が竹田恒泰の議論に共感するのは、天皇の政治性を完全に封じたいという情熱が一緒だからだ。

その先にあるのは何か?

実はその先ではこの両者の考えは、まったく両極に分かれる危険しか待っていない。

あわせて読みたい

「小熊英二」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  9. 9

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。