記事

民主党政権では日本が中国のカモになってしまう

 恐れていたことが現実となった、というよりはあまりにも予想通りの展開に開いた口がふさがらない、としか言いようがありません。中国人船長の釈放。

 中国共産党幹部はこれで「日本は脅せばなんでも言うことを聞く」という確証を得ることとなりました。今後民主党政権が続く限り、中国は東シナ海、沖縄と自らの主張を今以上にごり押しすることとなるでしょう。「中国に弱い、言うことを聞く政権」が続くうちにいろいろな既成事実を作っておこうとする極めて合理的な行動。これまでの中国の周辺国に対する態度を検証すれば火を見るよりも明らかです。

 資源の輸出、人的交流といったビジネス・民間の分野で嫌がらせをし、中国のために(遺棄化学兵器は中国に戦後所管がわたったものが多く本来日本として処理義務はない)仕事をしていた日本人をいわゆるいちゃもんをつけて拘束し、と中国の取った措置は大国というにはあまりにも幼稚なものでありました。このまま放置して世界に現状が理解されれば、むしろ日本よりも中国がその政治リスクの高さを世界にさらすことになり損をする可能性が高かった。

 にもかかわらず日本が全面的に譲歩する決断を民主党政権は下した。その結果、世界の日本に対する見方は「中国の言うことを聞くということは日本は尖閣の主権に自信を持っていないのだろう、中国の言うことが正しいのかもしれない」というものになってしまいかねない。尖閣まで日米安保の対象だと踏み込んでまで日本の立場を擁護しようとリスクをとったアメリカもその翌日にこれでは日本を本気で守るのがアホらしくなってしまいます。

 長期的な展望や国益を守る覚悟なく、単に目先のことにビビって卑屈に逃げ出しただけの今回の民主党政権の判断は、結果的にとてつもなく大きなツケを我々国民にかぶせることにしかなりません。事を穏便にという事なかれ主義で、相手の要求に合わせ自らの国益を放棄するだけなら外交などというものはいらない。

 中国の軍事的プレゼンスがこれ以上アジア地域で強くなるのを望んでいないのは、アジア諸国、アメリカ共通の認識です。にもかかわらずそのような情勢判断が全く出来ないままに、まさに中国以外の国の、というよりは中国も含めた全ての国に軽蔑の目で見られるような決断を民主党政権は下しました。

 なぜ普天間問題などでアメリカに対してはここまで頑なに強硬に出るのに中国にはこんなに卑屈に出るのか?本来今回の事件に対しては、アメリカ、アジアの国々と共通の利益を考えて毅然とした対応を他の国も巻き込みながら積み上げていかねばならなかったはずです。

 叩けばほこりが出るBank of Chinaであったり、潜在的な不良債権が巨額な金融事情、「世界で初めて豊かになる前に高齢化した国」において暴動が続く社会不安、など中国が抱える巨大なリスクを考えれば、中国が日本資本・外国資本の撤退につながるようなことはできようはずがない。現在の中国においては、経済成長こそが共産党幹部の保身のための一番死活的な命題、これは国内外の中国専門家の間の共通認識です。

 にもかかわらずなぜ対等な交渉が出来ず一方的な土下座外交となってしまうのか。小泉政権、安倍政権、麻生政権の時の中国の日本への態度と比較すれば民主党政権になってからの関係は異常としか言いようがありません。

 今のまま民主党政権が続けば、日本という国が明らかに世界の中で尊敬をどんどん失ってしまいます。歴史的な積み重ねを無視できない国際関係・主権の問題や財政といった問題は、一度過ちを犯せば取り返しがつかない。口先だけで取り繕うことはできない分野における実際の行動を我々は見極めねばなりません。こうしたところに本気で覚悟を持って取り組めないのであれば、「国のために」「未来のために」民主党は政権の座を去るべきだと考えるのは私だけではないはずです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。